読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

散歩論・都心に暮らすということ

このネタしつこく 満員電車に長時間揺られるのって幸せか?

blog.goo.ne.jp オレさあ、ホントに、誰かに「誠実に」回答してほしいんだけど。 片道90分以上かけて通勤するのってはたして豊かな生活か? たとえ、郊外に「それなりの」庭付き一戸建てを持ってるとしても、だよ。 だってさ、結局リーマンの給料しかもらえ…

『農業「ブーム」?に対する違和感』

『農業「ブーム」?に対する違和感』ameblo.jp 確かにね、日本を支えているのは第一次産業、たとえば農業とかだと思うんだけどね。。同じように、戦後の日本を支えてきたいわゆる「重厚長大」の第二次産業に対しても感謝しなきゃならないと思うんだよね。特…

地上の楽園?

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 都会の緑、人工的な自然ってさ、アタリマエだけど獰猛な動物とかいないじゃない。そりゃ虫はよってくるかもしれないけどさ、実は虫すらも人間はきてほしくないんじゃないの?だって現代人は蚊にさされたくないんだろ。さされた…

「田舎の生活」

『[再録]「田舎の生活」』ameblo.jp そもそもオイラは、中途半端な田舎に育った。大自然でもなく。。「大自然」に入るにはクルマを飛ばさなければならないようなロケーション。キャンプとか、川辺でのバーベキューとか、そういうのがキライだ。だから、コド…

都心の風景

『都心の風景』ameblo.jp 僕は、おそらく相当にカネのない頃から勢いで都心に移り住むことで、同世代の方々とは「違う風景」をみることができたのかな、と、今になって振り返っています。なぜなら、アタリマエのことですが、もう日常から都心なわけですから…

僕が都心にこだわる理由

『[重要]僕が都心にこだわる理由』 [重要]僕が都心にこだわる理由|(改題)ひとり公論 僕が都心にこだわる理由というのは、この日記で何度か書いていると思うのですが。。都心というのは物質主義、マテリアル・ワールドの中心でもあるわけです。あえてそこに…

引越し 家を建てるか、家を選ぶか

2012-04-17 - 【ひとり公論】([新庶民]論) 僕の思う引越しというのは。。郊外に、自分の望む間取りの家を建てる、というイメージではないのです。すでに存在している、素晴らしい物件と巡り合う、というイメージ。なので、その出会いは多分にフィーリング…

誇り

誇り 一般のアメリカ人はふつうに、「"United States"に生まれたことを誇りに思う」と、言います。保守党支持だろうが共和党だろうが、クリスチャンだろうがそうでなかろうが、関係ありません。 僕は、そこまではいえませんが「日本人に生まれて『本当によか…

都心に越してきてよかったこと(-外車に乗っていても家は四畳半風呂なし)

都心に越してきてよかったこと(-外車に乗っていても家は四畳半風呂なし) 20世紀の終わりの頃、横浜某所の1Kボロアパートから麻布のマンションに引っ越した。結婚して2年ぐらい経っていた。マンションといっても築15年程度の1LDKでセレブリティな雰囲気のカケ…

ムーブメントに乗るということ(「都心に住む」ということの再考)

ムーブメントに乗るということ(「都心に住む」ということの再考) 「ムーブメント」というものに、乗れない体質なのであれば、いっそのこと自分で作るしかないのか? そんなことは出来るのか? という話ですが。。 その話は書き出していっても煮詰まりそう…