元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

胃がキリキリしたりドキドキしたりするのは何故

blog.goo.ne.jp

念じるだけで願いがかなうだの、引き寄せるだの。。。
そういう話を都合のよいところだけ信じる前にさ
ちょっと基本に立ち返ってみましょうよ
ちなみに、僕はこれ系の話は肯定派
ただね
念じるだけで願いがかなう、じゃなくって念じなきゃ願いはかなわないんだよ。
そんなの当たり前じゃん。
念じるところから始まるところはagree
念じないヤツ多すぎだから。念じる「スキル」ないくせに最初っから疑ってかかって文句ばっかいってるヤツ多すぎ
まぁ、それはいいや。そういう人間はほおっておいてスルーすりゃそれでいい


やっと本題ね
たとえばさ
・胃がキリキリする
とか
・ワクワクする
 →たとえば体温が少しだけ上がるとか、鼻歌うたっちゃうとか
とか
・ドキドキする
 →具体的には心臓の鼓動が早まる
とか
これらって物理的事象でしょ?そこまではオーケーだよね
いっこめの重要なこと
なにか対外的な事象によりこういうことって起こるよね。
たとえば職場に存する他人や顧客に何か言われたとかされたとか、そういう事象により上述した物理現象につながるでしょ。
2こめ
次に、映画みててもこういうことあるよね。ていうか映画って上述の物理的事象を引き起こすためにあるようなもんだよね。
3こめ
次に、自分の思い(思い出す行為)によってこういう物理的事象を誘発しますね。
人間ならば絶対やってることです。
昔のことってなかなか忘れられないからね。良い思い出も悪い思い出も
4こめ
次に、完全なる妄想でもこういう物理的事象を誘発しますね。
3は、自分の過去の経験が記憶に蓄積されており、それをたまに思い出す
これはよくあるけど、でも人間って妄想もできるじゃん。
完全なるフィクションね。
フィクションによっても物理的事象を引き起こすことができるんです。
そして人間の妄想力ってすげーからね。特に若い時分は
まあ、夢も近いかな。。夢の話まで首突っ込むと収集つかなくなるから、今回はしないけど
ここまでオッケーですか?
つづく

お金そのものっていうのは仕事の直接的な報酬ではなく

blog.goo.ne.jp

 

お金は仕事をちゃんとした結果ついてくるものであり
。。。いや違う。この前提条件からして違うんですこれからの時代は
仕事をちゃんとした結果として、人間的にもちゃんとするし、ちゃんとした生活を営むことができる
その結果として次の仕事が巡ってくるわけで
お金そのものっていうのは仕事の直接的な報酬ではなくって報酬は人間としての陶冶とちゃんとした生活であってね
お金はそれを実現するためのツールにすぎないってことね
お金はこれからの時代はますます前面には出てこない
思い返せば、父親の給料が銀行振込みになって以来お金は前面に出てこなくなっていた
お金は現ナマではなく単なる数値にすぎなくなっており、ここ数年はそれが加速しています
だから、オールドスタイルの父親たちは親の威厳をどうやって保つべきかとずっと悩み続けてきたのです
現ナマが見えなくなったから、お金を稼ぐことはinvisibleな役割になってしまい、そこで威厳を見せつけることが難しくなり、それ以外のことで父親の役割を獲得するしかなくなってしまいました。
実は僕はこのあたりは今でも否定的なんだが。。。
まあそれは省略
それは、組織の歯車であったとしても関係ないのね
組織の歯車こそ自分のやってる仕事を通しての社会的な貢献を意識しなきゃいけないわけで
意識してかつ、実際に貢献をしなければいけない
という意味では、キビしい時代かもしれないよね~

寒空の下1時間並んでスマホ眺めてんのって豊かじゃないから

blog.goo.ne.jp

 

2018年02月24日(土)
豊かな生活をするにはどうしたらよいか?っていう考え方に切り替えりゃいいと思うわけ。自分にとって豊かな生活ってなんだろう?と聖域なしで考える。たとえば俺だったらたとえどんだけ絶品の誉高くとも大行列の店には行かないとかさ。寒空の下1時間並んでスマホ眺めてんのって豊かじゃねえから。
17:08:32
あっちゃこっちゃマスゴミに洗脳されて至る所イモ洗いの観光スポットにいってへとへとになるより、隔週で家でじっくりハードカバー読む休日つくったほうが絶対豊かだし、家族でわーっと家掃除して買い物してごはんつくって、っていう休日のほうが、「豊か」だろ?本当のところは。
17:10:39
たまにでよいイベントの頻度が多すぎじゃねえのかな、と。今の日本人。それで教養と人間力の部分がスカスカになってそのことに気付かないでやたらと虚しさばかりつぶやく。完全に自業自得なのに。「豊かさ」にフォーカスした生き方をしてねえからだろって。
17:11:57

俺のほうが正しかったw

stevengerrard.hatenablog.com

かなり若い頃の、俺がケンカして辞めた現場とか、職務怠慢でほぼほぼクビになった(俺にも言い分あんのよ。。)現場とか、ぶっ倒れてフェードアウトした(肉体的な病気もあるし精神的なものもあったし)現場とか・・

今、俺自身が年寄りになってみて思い返すと、みーんなクズだったよ。

いやひいき目じゃなくて。自己弁護じゃなくて。

ホントダメ人間ばっかの現場だったし、放置プレイされたカオスのような現場もあったし。

そう思えるのってすごく救われる。過去を変えられたような気がする。

だって、いろいろ言い分はあるものの基本的には続けられなかった自分が悪いと思ってたし。ロコツに現場は悪くないオマエが適応すべきだ、みたいなこと言われたことあったし。

そう、あのね、端的にいえば「ハラスメントの温床」だったわけ。
今だったら絶対許されないような現場の数々。コンプライアンス的にね、。

成功しているビジネスマンはますます時間厳守になってくる。

stevengerrard.hatenablog.com

 

これは怖いことですよ。ほとんどのビジネスマン気づいてないみたいだけど。。
このスマホ時代だからこそ、誰もが時間にルーズになりつつある世の中だからこそ。
成功しているビジネスマンはますます時間厳守になってくる。
おそろしい。。

なぜかわかる?成功しているビジネスマンは、スマホをつかって生産性上げてるから、時間に余裕ができんのよ。
だから時間を守れる。
スマホに依存してたり振り回されていたり中毒になってるヤツは、もう二度と時間厳守に戻ることができない。
ぶっちゃけそれが年収の差になっていく。。おそろしい。

クリエイターってのは守銭奴っていう理解

 

blog.goo.ne.jpこの話題になると怒りだす私(笑)

普段は温厚なのに

--

2018
俺の中では10年前に相当考えに考え抜いた件だから、理論武装はできている。クリエイターってのは守銭奴っていう理解で一応はいいよ。ただし守銭奴はもはやクリエイターじゃない。わかりますか?表現ってのは、したくてしたくてたまらないからするものであって対価を得るためのものではない。
02-08 19:46

フルタイムでクリエイターとか、なめんなって思うよ。俺アタシが表現したものを上から目線で買えよってどういう了見だよって。まず昼間働けよ。いや夜でもいいけどw別に投資でも投機でも会社経営でもなんでもいい。表現したいとかほざく前に別なとこで食い扶持確保しろよって。
02-08 19:48

いわゆるクリエイティブと錯覚してしまうような横文字職業のヤツらって、結局会社に属してサラリーもらってるサラリーマンだから。鼠色のスーツ着てネクタイしてる人たちとなーんにも!変わらないんだよ。サラリーマンは顧客は株主のニーズにこたえるのが仕事であって自己実現する場じゃねんだよって
02-08 19:51

俺は会社に属さずそしてものすごくカタい仕事してるけど結局はるか昔から横文字職業の名刺出してぶいぶいいわせてるつもりのイタいヤツらより俺のほうが1万倍クリエイティブなのね。会社に属さず大樹の陰に寄らずカネをクリエイティブしてるという意味もあるしそもそも人としての素養という意味でも。
02-08 20:02

習慣というパートナー

stevengerrard.hatenablog.com自分自身の「コントロールを取り戻す」こと。
それは、誰か、あるいは何かのコントロールから脱するということです。
コントロールを取り戻すということは、取り戻してから何から何までやらなきゃいけないんですから、大変です。
そこで、重要になってくるのが生活習慣なんですよ。
結論から先に言うと、何か、あるいは誰かのコントロール、もっとはっきり言うと「支配」から脱したら、そのコントロールをなんでもかんでも自分でかぶるのではなく「生活習慣」に渡すのです。
渡して、任せる。

生活習慣っていうのは自分のパートナー、片腕です。
片腕が必要なのは会社と一緒ですね。
不遜なたとえでいうと...(笑)よくビジネスネタに書いてあるじゃないですか。
たとえば本田宗一郎藤沢武夫みたいな。そういう感じの。
人生は会社経営と似ているということです。
有能な相棒を持てば、会社は飛躍的に伸びる。
有能でない、あるいは悪意を持った相棒を持てば結果は...
会社であれば倒産するぐらいで済みますが、こと自分自身に関していえば、みなさまが想像している以上に、悲惨なことになると思います。

「良き生活習慣」というパートナーを持ち、実務はすべてやらせる。
それにより自分は、自分が何か、あるいは誰かにコントロールされていないかを敏感に察知することができるんです。
常に、コントロールを明け渡さないようにする。
そして前回書いた、衝動が発生してきたときにその案件対応に注力する。
そしてそれ以外(衝動未満の事案)は生活習慣に任せる。
これこそがビジネスと相通ずる、「自分経営」の要諦です!

自分のことなのですから、(私が現在認識しているところの)自分は会社にたとえれば当然社長です。
社長が傀儡であってはならない。
そしてワンマンであってもいけない。
そして、サラリーマン社長ではありませんので何年で交代とかないんです。創業者でかつ一代限りなんですよ。だからある程度の覚悟をもって、自身が長~く、健康に、そして幸せに生きれるよう、コントロールしていくのです。