読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

自分のことは自分でやる、に戻る

ameblo.jp

「凡人」のカテゴリの中でレベルが高くなってくる(たとえばカネ持ちになる)と、身の回りのことを他人にやらせるようになるわね。
カネで雇って。
言っちゃなんだけど妻に身の回りのことをやらすのも「カネで雇って」に非常に近い。

これは、批判してんじゃないよ。自然な流れだから。

ただ、凡人を超えるためには、身の回りのことを他人にやらせるから、また、自分でやるに戻る、ことが必要じゃないかな、と。

昔からずーっと書いてることなんだけど、自分の身の周りのことを他人にやらせて自分は外にボランティアに行く、っていうバカがあまりに多くて。。
それってただの売名じゃん。

そういう構図がいちばんキライなのねオレ。
つまり、凡人をとっくに超えていると思ってるんですよ。そういうヤツって選民意識のカタマリなのね。自分のことすら自分でできないクセに!


ところでオレのケースでいうと、身の回りのことを他人にやらすというカネもなく(笑)
自分のことは自分でやる、というのは一生続く。

であれば、それを極めることで凡人を超えられないかなー、なんて考えてはいるんだけど。。
一方で凡人を超えるつもりもないという。。

だって、自分の身の回りのことでいっぱいいっぱいなんだもん。
でも自分の周りのことうっちゃらかして外へボランティアにはいかないだろうなあ。そういう人種が大キライだから。

さて、凡人を超えることを便宜的に「悟る」と表現するとすると(実際はそうじゃないと思うけど)
その状態とはね、カネの匂いなしで、身の回りのことをやらせてください、ってあらわれる人が出てくる(続々と)っていうのが究極かなあ。

ただね、アナタがカネの匂いをぷんぷんさせてる段階で「タダでいいから身の回りのことさせてください!」って近寄ってくる輩は全員、後からの見返りを要求してるからね。あるいは売名ね。

だからそれはNG。
ごくごく自然に、集まってくるのが理想。

そういうふうに集まってくれる人に対し心からの感謝ができる。。
凡人の段階であれば、そもそもそういうヒトは集まってこないわけだが、人がわらわら集まってきたところで、すぐいい気になって「おーそーか、じゃああれやれこれやれ」なんて指図始まるし。。

いい気になってしまうと「また振出しに戻ル」。そういうヤツっていっぱいいるんだよね。いいとこまでいってんのに。。