読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

他人を蹴落とすことをやめること

2014年03月 幸福(豊かさ)論 成功法則・カネ持ちになるには 人間学

blog.goo.ne.jp

えげつなく、競争して、カネや地位や名誉をゲットしていったヤツは100%「幸せ」にはなれない。

そういうヤツらが、幸せになる気なぞまるでなく、たとえば「カネこそすべて」と割りきっているならばOK。清々しい(オレに迷惑をかけなければ、だが。。)。

いちばんタチが悪いのは、やりかたがえげつないクセに「幸せ」まで求めようとするバカね。
こういうヤツってね。。一見優しそうだったり人当たりよかったりするんだけど、要注意。

ゼッタイに両立しないんだから。
そう考えれば、わかってこないですか? 人生。

えげつなくはなく、競争せず、カネをゲットしていけばいいんですよ。
そういうことができる人って地位や名誉はあんまり欲しがらないから。
だって地位や名誉って競争とセットじゃん? この現代社会では。
「基本的に」他人を蹴落としてゲットするもの、ってことになってるよね。なんとなく。

難易度はともかくね、方向性は確定できるでしょ。
QBハウスとかがいってる「ブルー・オーシャン」は、正しいよね。やりかたとしては。

カネも、多くの人たちは他人を蹴落としてゲットするものって、思ってるのかもしれないけど。。
そうじゃないんだって。いや、そうじゃない「かもしれないじゃない」。それを信じて、実践するってことだよ。
方向性としてはね。

カネまわりがよくなってきているときに、ちょっと振り返ってみる。自分はカネは手に入るようになったが他人を蹴落としてないか?陥れてないか?と。
そこで、方向性を決めるんだよ! 「幸せ」を捨てるかどうか。幸せを捨ててカネ本位で突っ走るか、ちょっと歩みをやめてみて他人を蹴落とすのをやめるか。
「幸せ」を捨てることは別に問題じゃないんだよ。人間の「タイプ」の問題なんだから。

カネとか地位とか名誉で幸せ「以外」のものはほぼ手にいれられるんだからそれで満足しとけばいいじゃん。
逆にね、なんで満足しねえんだろ? って思うな、オレなんかは。


他人を蹴落とすことをやめることで間違いなく「幸せ」には近づく。ただし、目先のカネが手に入る可能性は下がる。
その代わり!「良銭」が手に入る確率が、飛躍的に上がるんだよ!
というかさ、他人を蹴落とさないでゲットしたカネは100%良銭だよなあ。

なぜ良銭が大事かというとね(ここ大事)、良銭が、ものすごい額のカネを呼びこむ可能性があるんだよ。
他人を蹴落として得た悪銭はね、金運を悪くするの! 後でがぽっと持ってかれる可能性が上がるんだよ!
今、悪銭を儲ければ儲けるほど!! アナタより何倍も悪銭をゲットする術がうまいヤツらに、根こそぎもってかれるんだよ。


じゃあ良銭を稼ぐにはどうすればいいかって? そんなの自分で考えろってこと。
というかそういう問いが即思い浮かぶ時点で望み薄なんだけどな。。

さっき書いたけど、良銭を稼ぐ手段を考えるんじゃなくてJustナウ!自分の手元に入ってきて、即出ていってしまうこの「カネ」ってのはもしかしたら悪銭ではないのか? と考えてみて、悪銭をゲットする手段をやめてみるということ。
すべてはそこから始まるんだよ。

それはできないって? いや、別にできないのはかまわんけど。。
そう、だってさ、良銭を稼げる人間ってのは選ばれた人間なんだからさ。そういう人たちは歯をくいしばって我慢して、誘惑と闘って、悪銭を稼ぐ手段をやめた時期があるんだよ。
そこを経るのをスルーしたいってことだろ? そんなヤツに「幸せ」が訪れるわきゃないんだ。