読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

2010年12月

結果は運(もある、もちろん)

龍澤ヒデアキのバックドア 結果は運(もある、もちろん)tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 結果というものは、やはり運の要素はいかんともしがたいですね。運を天にまかす要素を減らしてはゆけますけども。ですが過程は100%自分で制御できます。過程により結…

(ベトガーの13徳目)

[引用](ベトガーの13徳目) - シニアICT土方の【IT公論】blog.goo.ne.jp サラリーマン必読(以下再録)「伝説のセールスマン/ベトガーの13徳目」田中真澄(社会教育家)『致知』2007年7月号特集「機を活かす」より────────────────────────────────…

排泄欲には素直に従ってあげましょうよ

龍澤ヒデアキのバックドア 排泄欲には素直に従ってあげましょうよtatsuzawatokyo.blog.fc2.com おそらく何度も何度も書いている「尿意、便意に甘くしましょう」のハナシです。。自分の尿意、便意には、とことん甘めでよいと思います。人生、まずそれありき、…

感奮語録

龍澤ヒデアキのバックドア [引用]感奮語録tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 作家の柴田錬三郎は、戦中(略)船が撃沈され、死線をさまよう苛酷な経験をした。あるとき、「なぜそのときのことを書かないのか」と横尾忠則に聞かれた柴田は「よくおぼえてねえんだよ…

亡国かボーダレスか

亡国かボーダレスか 日本人はだいぶムカシから、自分の国を誇りに思えないような教育を意図的に仕掛けられ、多くの僕らの上の世代(「団塊」周辺)はまんまとそれに洗脳され、そのまま年寄りになってきました。 今は、そういう時代です。 で、 僕らの世代ぐ…

平和ボケ?

平和ボケ? 平和な世の中で何が素晴らしいかといえば、「正々堂々と」生きられることです。 他人を妬む必要がない。他人の金品を盗む必要もない。必ずしも「ズル」したもん勝ちという世の中ではない。(このニッポン、まだカンペ キではないですが) 正々堂…

致知より「事に臨むに3つの難あり」

致知より「事に臨むに3つの難あり」とにかく肝要なのは「果決」なんです。年をとるとわかる。 「事に臨むに3つの難あり」牛尾治朗(ウシオ電機会長)『致知』1999年8月号────────────────────────────陽明学者・張詠の言葉が思い浮かびます。「事に臨…