読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

「インプット」

blog.goo.ne.jp

オトナになってからの「インプット」ね。
たとえばもちろん勉強とか。それがスカスカだとゼッタイにいい仕事なんてできないのよ。
大学までにインプットだけで、世の中で勝負していけるわけがない。

会社ってのはそれを恐れるから、社員を研修に行かせたりするわけだが。
そこで得られるものなんて結局ただの小手先の知識であってね。
いやそれが悪いわけじゃなくてね。その小手先の知識はないよりも100倍いいんだけど。。

でもさ、それが自分の「いい仕事」につながるかというと。。

いい仕事ってさ、結局みんなでやるじゃん。自分独りじゃ何もできねーし。
と、いうことは、最初必要なのはリーダーシップだったり、人間力だったりするわけで。

それを身につけるためにやらなきゃいけないのは仕事の範疇外からのインプットなんだよね。
会社から与えられた研修カリキュラムではないのよ。(たとえそれが「リーダーシップ研修」だったとしても、ダメ)

仕事の外でのインプットを貪欲に、優先する姿勢さえあれば、いいんだよ。
たとえばそれはビジネス書を読むでもいいしね。

「仕事から離れて」アソぶ、ではなくて仕事から離れて貪欲に仕事外の諸々の事象から吸収するんだよ。
そうすりゃ自然と人間力だのはつくわね。怠惰でなければ。