読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

僕の詩を読んでください(笑

2012年06月 myウラミシュラン 私事

ameblo.jp

題名:一日一善

僕が

定食屋で「ハムカツ1枚追加で!」と声をあげると

「は~い」と気の抜けたおばちゃんの声

すぐテーブルにハムカツが

あれ? 揚げたてじゃねえの?


数分後 カウンターのひとりのサラリーマンが小声で

「ハムカツって追加してもらっていいですか?」と

その1分後 もうひとりのカウンターの学生風の男性が

「ハムカツって追加できるんですか?」と

さざなみのように波紋が


おばちゃんはそういう注文がウザいだけらしいが

僕のひとことで、すくなくとも2人の人生を変えた

そして、ほんの少し店はうるおった

一日一善。