読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

空腹んとき食べなくともいいんじゃ?

2012年06月 myウラミシュラン 超健康論

 

ameblo.jp

空腹んときにね、「食べない」っていう方向性のほうが、なんとなく「自由」なような気がすんのね。

で、空腹んときにね、カネに糸目をつけず高いもんを食う、という選択肢があるのは、知ってるよ。
食べたいときに食べたいものを腹いっぱい食べるという行為がね、そんなにカンタンじゃないことは知ってる。

でもさ、それ古くね? 高度成長期? みたいな。

空腹んときに、本当に本当に「食べたいものを食べる」だったらまだレベル高いけどね。俺ら世代は、その瞬間にホントに食べたいものがカップラーメンだったりじゃがりこだったり、多種多様なわけじゃん。もちろん、並列で、ものすげえ高価な食べ物だったりする可能性もあるわけだけど。
でももはや成金じゃないんだ。もっと自然体でいけるんだよ。


でもさ、食べ物に縛られている状態ってのが俺はホントイヤなのね。
別に一日一食でもまったくかまわん、ぐらいになれたらどんなに自由かと。いや時間的にも。一日で二食ぶん作ったり準備したり食べたりする時間を節約できたらかなり時間を有効に使えるのでは?


そもそも1日三食きっちり食べよなんて誰が決めたんだよ! と逆切れしたくなる。