読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

オレがオレがの自薦がウザい

blog.goo.ne.jp

いやあのね、何度も、いろんなとこに書き散らかしてることなんだけども。

リーダシップ教育とかさ、帝王学的なものとかさ、そういうの、大賛成なのね。
日本はもう悪平等の時代は終わりにして、次のフェーズに移るべきだと思ってるから。

でもね、リーダシップ教育を施す相手は、自薦じゃなくてゼッタイ他薦にすべきといっている。

自薦だと、松下政経塾みたいになっちゃうのよ。つまり、器がちっちゃいヤツらの集まりね。
なんだかさ、人生政治家になって大逆転してやる、みたいな野望が透けてみえるからイヤなんだよ。
「ちっちゃい」クセにさ。

だから、サッカーのセレクションを参考にしたらいいといっている。
ていうかなぜそういうことをしないんだろ?

各学校には必ずリーダシップの素養があるヤツがいる。そういうヤツをセレクションで集めて、合宿するわけ。
もちろん国費でな。すべて無料で。

でね、それをピラミッド型にするんだよ。地区選抜から県選抜、そこで選ばれたヤツは関東選抜、そこで選ばれたヤツは全国選抜、というふうに。


おおよそ知られていることだが、リーダになる素質をもったヤツってのは、必ずしも勉強ができるとは限らない。
だが、アタマがいい必要はある。たとえば、強い部活のキャプテンとかだよな。

セレクションのポイントは一点、なんとなーく「アイツの言うことは聞こうか」「アイツがそういうんなら、ついていこうか」と思わせる、そういう人材を、集めてくること。
ざっくり言えば、委員長タイプ、(スポーツの部活の)キャプテンタイプ、それとガキ大将タイプだわね。

だからその街の不良グループのトップやってるヤツなんかも、じっくり観察して、スカウトする。性根腐ってるか否かを冷静に確認する。(不良は、本当にタチの悪い不良と、そうでない見込み(「男気」)のある不良がいるので)

口よりも先に手が出てしまうようなヤツは、徹底的にディベートを教え込む。そしてスポーツで発散させる。

そういうヤツらが将来的に、代議士になるか、外交官になるか、防衛大を出て自衛隊に入るか。。適材適所。
なるべき人材がそういうところに入っていくようになれば、日本は明るい。