読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

人生の鉄則です

2014年04月 人間学 幸福(豊かさ)論

ameblo.jp

みんなのモノ、あるいは人気のある人は、ゼッタイ独り占めしようとしないこと。
これ、人生の鉄則ですよ。おぼえておいて損はないどころか、得しかないです。

まずね、独り占めしようとして仮に独り占めできたように思えたとしても、すぐ裏切られるから。
だって次々に独り占めしようとする人間があらわれるからね。その対象が仮に人間だとすると、売り手市場だから、天秤にかける。
それがモノであれば、(いろいろと)「強い」者が勝つから。腕力だけじゃなくてね。政治力とか、カネ持ちとか。

そんな「独り占め争い」にはゼッタイ参戦してはならない。


ただし!オレがいってるのはね、独り占めしようとする行動がダメだといってるのであって、
まったく、そういうことをしていないのに知らぬ間に何かを独り占めできている状態になることもある。

それは、いいんだよ。なんとなくそうなったら愛でてあげればよい。

知らぬ間に、自然とそうなってるのがよいのであって、こっちから独り占めしようと働きかけるのは当然ダメだし(それはイコール、奪うということだ)、あっちから押し付けがましく独り占めしてくれといわんばかりに近寄ってくるのを好きでもないのに受け入れるのもダメだ。

好きでもないのに受け入れるのも、負けっちゃ負け。


独り占めしたくなるのはなぜかっつーとただ単に「いいだろぅ!!」と見せびらかしたいだけなんだよね。優越感ね。
そんな気持ちは律しなさいよ、オトナなんだから。

みんなのモノはみんなで使えばいいの。占有せず。みんなのモノなのに占有しようと思うほうが間違ってる。
と いう意味では、エラくなって何かを独占しようと思うヤツは間違っている。それ以前に、何かを独占しようというモチベでエラくなろうとする人間はもっと間 違ってる。エラくなって結果的に何かを独占しようと思ってしまうのは、まだ許せる。なぜならそれは、不可抗力に近いからだ。

すべて譲れといってるわけじゃない。みんなでシェアしろといってる。ヒーローぶって、その場を立ち去らないこと。


で。。不思議なことに、あなたが独り占め「すべき」モノや人は、必ずあらわれる。
それは、周りに人気があることもあるし、ないこともある。周りの評価は関係ないんだよ。