読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

夜中腹減ったら、ボールに砂糖まぶして飲んだらいいんじゃねえの

2012年09月 myウラミシュラン

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com

前にも書いたように思うんだけど、現代人ってさ、ホントに、「空腹を埋める」ことしか考えてないような気がしてきたんだよね。

それってぜんぜん豊かじゃない。ていうか貧しい。

腹が減ったら、「甘い」「辛い」「しょっぱい」どれかわからんがそれぞれの好みのパウダーをまぶした食べ物らしき物体(加工食品)を胃袋に「投下」してるだけでしょ。

それが、人間が消化できるんだったらボールでもかまわんのだろ。砂糖をまぶしたボール。。


いろいろ考えるとやっぱり、人間は、生きとし生けるものから生命をいただくのが「食事」だと思うんだよね。
それが豊か たとえば魚だったら養殖よりも海ん中でさっきまで泳ぎまわっていたのを刺身で、みたいな。

加工食品ってやっぱり、非常食とかそういう位置づけであるべきだと思うんだけどなあ。いつまでも。
それの究極がサブリメントか。。