読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

休日の開放感

2013年09月 人間学

blog.goo.ne.jp

開放感ってのは自分でつくりだすものでしょ。

平日はびしっと、節制の効いた生活を自分の課としていれば、金曜の午後から、特に土曜の朝の開放感ったらないね。これは、麻薬的ですらある。
そのために生きてるようなもんだよ。

平日からだらっと仕事してたら休日の開放感なんざ生まれようがないんだよ。
平日からだらっとしてるヤツがいわゆる「サザエさん症候群」にかかる。
平日びしっとしてるヤツはゼッタイにかからない。なぜなら、平日びしっとすることも人生の目的になっているから。つまり、また新しい月曜の朝がくることが、イヤじゃないってこと。

たぶん、好きとかイヤとかいう感情じゃなくて、「くるもんは、くる」ということなんだよ。
んなもんサザエさんみてそわそわしてダウナーになったところで、しゃーないやん。

ま、オレの生活習慣では、サザエさんが始まる頃はもう平日なわけ。つまり、月曜、というか次の週の準備(物理的な&精神的な)を始めるのが日曜夕方で、それも組み込まれてんのよ。

だからサザエさん症候群になるわけもなく。