元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

曽野綾子さん「解放された人間」

本当に解放された人間であるためには富にも貧困にも強くなければいけません。もし大金があったらうまく使いたいですし、貧乏なら貧乏なりに上手に 遣り繰りするのを楽しみたいと思います。それが解放された人間というものだから。