元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

2008-02-29から1日間の記事一覧

天災による死、人災による死

死、あるいは宗教に近い話 百瀬博教さん2 まったくの他人である百瀬さんの死から僕が学んだこと。(あくまで推測です)個人的なウラミなどで殺意を持った人間に追われるのも、核兵器の恐怖が間近に迫るのも、とにかく、どのような構図であろうとも、自身に…