読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

リ?プロデュース

blog.goo.ne.jp

なぜ自分の人生を自分でプロデュースしないのか?

なぜ、「誰か」あるいは「何か」(マスゴミとか)にプロデュースしてもらおうとする?なぜ口あけて待ってるだけ?

自分でも他人でも、誰がプロデュースするのだとしても、もうオトナんなってけっこうな時間経ってるじゃん? と、いうことは、もう人生という「本番」がはじまってけっこう時間が過ぎてんだよ?

誰もプロデュースしてないってことは今まであなたの「番組」はぐだぐだな進行だったってことだろ。けっこうな視聴者がいたにも関わらず!
ここでいっかい、赤面しといたほうがいいぞ? 相当恥ずかしい行為だぞ?

あとさ、たぶん99.9%、その「番組」は視聴率は低かったはずだ。つまりね、誰もわざわざ見にきてないの。つまんないから。
さっき、けっこうな視聴者がいたと書いたけど、それはたまたま通りがかったから見てただけ。アナタにあえてチャンネルを合わせた人がいたの?

まあね、「視聴率を上げる」ために他からプロデューサーを招へいするのは、悪くはないと思うよ。最初はね。
でも、でもさ。「高い」んだよ。当たり前だけど。

自分のほうが安上がりだよ。最初他人(とかマスゴミとか)に任してもいいけど、最終的には自分で巻き取ったほうがいい。

あのねえ、自分で巻き取らないと、むなしくなってくるからね。オレは視聴率を上げるためだけに外部からプロデューサーを招へいしているのか? そこに「オレ自身」はないのかよ!と。

なので、結局は自己プロデュースになっていくっちゃいくんだけどな。


さて、プロデュースって何か?っていうとそれは「生活習慣の提案」だからね。
ありていにいえば「日々どうすごすか」それだけ。