読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

地味なゴールでいいじゃない。

blog.goo.ne.jp

んーなんつったらいいのかな。。

成功するぜ、とかさ。そんなことつゆほど「しか」考えてないのよ。
そもそもそんなに目立ちたくないの。
成功するぜって要は目立ちたいってことじゃない。

でも本当の成功って「なりたい自分になる」ってことでしょ?
そのなりたい自分が「地味。。」だっていいじゃない。

オレ含め、派手な暮らしなんて大キライって人間は、多いよ。

オレの目指すところは表舞台に出ない小金持ちだからね。それが理想。


あ、それでさ、なんか成功するためにノートを書けとか、よく言うじゃない?
何年には自分はこうなってるとかさ、未来日記に日付をいれよ、みたいなね。

あれね、あの手法は、完ぺきですよ。そういうふうにできる人にとっては、ね。
それが苦痛じゃない人たちはぜったいやるべきだと思うよ。

でもさ、たぶん偏見なんだろうけど。。
未来の日付をプロット「できる」人のその未来って、多分に「浜省的」なような気がしてならないのね。
え、未だそうなの?みたいな。

だってさ、どーせ5年後に社長になる、とか上場する、とかでしょ?
それって裏返せば「プール付きの豪邸にドンペリに女はべらかし」ってことじゃん。
派手すぎ!

そういうヒトが、未来日記に日付をプロットできんのよ。
いやね、別にやりゃいいと思うのよ。どんどん。

でもオレがいいたいのは、そんな未来日記つけたかねーよ、ってヤツはたっくさんいるよってこと。

オレはね、つつましく、健康的に、かつ貯金たっぷりに、安心して暮らしたいのよ。
縁側で奥さんとお茶とかすすってたいのよ。若くして。なんで女性をはべらさなきゃいけないのか、まったく理解できない。
地味でいいんだよ地味で。
10年後に縁側で奥さんとお茶をすすっている! なんて書くかよww未来日記に。


ま、それはいいんだけど。
求めるゴールが地味だと、なんでいいかわかりますか?

ゴールが派手だとねえ、そういうゴールをプロットするような人間は、たぶんポジティブで、アクティブな人たちだと思うから、そのゴールのために、いつあれやっていつこれやって! ってさ、すっげえ忙しくなると思うのよ。

だって、忙しいの大好きだから。自然、そういう人生に「する」わね。自分の人生を。

それってさ。。つまり「努力」じゃん? アタリマエかもしれないけどさ。
あれやこれや、努力の結果が、ゴール(浜省的な、ね)。

一方、地味のほうはね、まったくもってそのゴールは「既定路線」なわけよ。つまり、よくも悪くも未来は今の自分の延長線上にしか、ない。
だって、今の自分も地味だから。未来の自分も地味。

ゴールは既定路線だから、完全に「未来はボクらの手の中~」なのよ。(♪ブルーハーツ

言いたいことわかるかな?ゴールが派手な人は、間違いなく今の自分(その人)ではそのゴールに至ることはできない。だから、ところどころ派手なマイルストンを設定して、そこまでも努力が必要。あるマイルストンから次のマイルストンまでも努力が必要。ずっと努力が必要。
(マイルストンも、派手だからw)

ゴールが地味な人もね、何もしないわけじゃないのよ。10年後かそこらに、望む自分になっていると仮定して、そこに至るまでは、かなりな「ワーク」をするわけ。派手な人とそのワーク量は変わらないかもしれない。
でもそれは「努力」ではない。

すでに未来はボクらの手の中にあるから。
言い方を変えると。。
その未来はあまりにムリがないがゆえに完全に未来をイメージできちゃうのね。
ていうかそうなるの。もっというと「どうあがいてもそうならざるをえない」のね。

派手なゴールを設定してる人たちって、たとえば今はただのリーマン、5年後に社長、とか、そういうゴールを設定するのはすばらしいとは思うんだけど、アンタホントに5年後の社長になってる自分をイメージできてんのか?と。
実は5年たっても10年たっても、イメージできないんじゃねえの?
って気が、するんだよなあ。。

だから、ホントに選ばれた人だけが、実現できる。皆ではない。
なんつーかな。。馬車馬のように、成功にむかってバク進していくような?なりふりかまわず?
そんな人だけなんだよ。
今がそうでも、途中でなえるかもしれない。頑張りすぎて病気になるかもしれない。

だからね。。結論まとめると、スキーム的には地味な未来のほうが「強固」なのです。
派手な未来に向かってバク進するスキームは、もろいんですよ。


あーー、今日はかなり重要なこと書いたぞ!