読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

イクメンの真価が問われるのは後になってからだぞ?

2014年12月

ameblo.jp

あのな、イクメンの真価が問われるのは、育児がひと段落してからだぞ?
具体的には、小学校中学年を過ぎたあたりからなんだぞ?

そのあたりから、地味~になってくるんだ、活動が。

パパが赤ちゃんのおむつ替えたりベビーカー押したりっていうビジュアルって、いかにもって感じでしょ?

でもな、はっきり言うけどその時期ってどう考えても母親が主役なんだぜ。母親がきばらんと、その時期の子供は不安定になる。しょうがねーじゃん事実なんだから。

その時期のパパは、ただのフォローだからな、育児の。そこで主役になってどうするっつーか。
そこから主役張ってたら後から息切れするぞ?

あのな、オレ昨今のイクメン(という言葉の)ブームはどうも違和感を感じるんだが。。(パパが育児に参加するという自体はすごくいいと思うんだが)

パパが飽きちゃうんじゃないか?みたいな懸念があるんだ。

なんつーのかな。。パパがね、家庭中心に、仕事オンリーにならず、具体的にいうと「早く帰ってくる」っていうのは、子どもが反抗期の頃にもっとも希求されるものなんだよ。
わかる? 子供がちっちゃいときに育児に没頭しちゃって、その反動で、いちばん大事な、子どもが反抗期の頃に仕事人間に舞い戻っちゃったら、その家庭はヤバいぞ?

父親がびしっと出張る時期ってのが、あるんだよ。そしてそれは幼児期じゃねえんだよ実は。