読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

●年の孤独

2014年08月 幸福(豊かさ)論

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com

俺達自由人(笑)は、孤独には慣れている。自由のためには孤独は必要だからねえ。

あのね、世の中にはルールをつくろうとするヒト、あるいは実際にルールをつくってまわってるヒトがいて、そういうヒトたちには最大限に警戒するかな。

だってソイツがつくったルールに縛られて生きたくないじゃんよ。

ルールを容易につくれる(あるいは、変更できる)ヒトってのは要は権力者ね。
あるいは権力者を志向する予備軍。

オレらってmyルールは堅牢なのをもってるけど他人を束縛しようとするルールなんてつくんないよ。唯一あるとすれば何人たりともオレを縛るな、っていうのがルールか。。
あ、家族は別にいいんだけど。

ていう意味では相当謙虚だと思う。他人をルールで縛ってなんの得がある? いずれ自分に返ってくるだけだ。

あ、そうそう。孤独の話に戻ると、世の中には、孤独がイヤだからという理由だけでへーきで権力志向の人間の傘下に入るヤツがいるんだけど信じられん。

信じられんのだが、それはフツーらしいんだよね。
それがフツーっていうのが信じられないから、最終的には孤独にならざるを得ないという(笑)