読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

自己投資の極大化

ameblo.jp

現代人は、そしてその中でも働いている人たちは、どうやら、自己投資を極大化していかないと生きていけないらしいいんだよね。という意味ではキビしい時代になったよ。

アソびほうけていられない。日本が高度成長していた時代は、その時代に乗っかっていってればよかった。将来に向けてこつこつ貯金してりゃよかった。でも今は違う。

で、どこに自己投資すべきかっていうと当然大人になってからの勉強的な方面も必要。身近なところでは読書ね。あとは資格試験のための勉強とか英語とかセミナーとか。
もっと具体的にいえば、自分が進むべき方向で成功している人の話を聞きにいくこと。有料でね。

これらは、ちょっと「苦労」系? というか、アソビとの対比となる。つまり、アソビの時間は削り、アソぶカネがあるんならそれも削ってこういう方面にまわしなさい、と。

でもね、自己投資ってこれだけじゃないんだよ。
「好きなことを極める」ってのもある。これなら、できるでしょ。でも、簡単ではないけどね。

好きなことにどんどんカネをまわしていく。「選択と集中」。この「選択」のほうが、ムズカしいんだよねえ、現代人は。

(ここから大事)選択して集中しようとしているときに、なんか「やましい感じ」?とか違和感とか、「このままでいいんだろうか」感を感じたならば、撤退すべきなんだよね。そういうのにはカネを集中させてゆく価値はないのだ。だから「選択」ってのはムズカしい。

まったく違和感なく、すがすがしく、納得感100%で「選択」できるものを見つけていく過程がムズカしい。
でも、それをもし見つけたならば、そこに惜しみなく投資してゆくこと。
というかね。。それを見つけるまでもかなりムダな投資しちゃうわけね。これだ!と思うものが実は違かった、という軽い失敗を少しずつ積み重ねていかないとホンモノは見つからないから。
という意味ではその失敗すらも自己投資なのだが。。


でね、さっきアソビを削るって書いたんだけど、ただのアソビだったものを昇華させて自己投資対象としてゆく、という手法もアソビを削ることには相違ないから。
アソビをアソビでなくす。でも「楽しい」は継続したまま。

楽しそうでしょ? でもこれは選ばれた人しかできないこと。でも0%じゃない。天性の才能も必要ない。あきらめる必要はまったくない。努力さえすればかなうことだから。