読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

家庭と仕事は大事だよ(あたりまえか)

blog.goo.ne.jp

まあ仮にアナタが、愛する人と結婚して子供がいて、家庭はまあ円満といってよくて、さらには自分が好きなことを仕事にしてるとしましょうや。

でね、自分に降ってくる問題ってのは、ふつーの人間であれば家庭と仕事に起因してますわね。
家庭が円満であっても好きな仕事をしていたとしても当然、その中で問題は発生してくる。

しかも、かなりデカい感じの問題だったりする。狙い打ちだわね。それは神の試練なのかもしれないし誰かの「テメーばっかり幸せに暮しやがって!」っていうネガティブな怨念の集合体がそうさせてるのかもしれない。

ところが!これもアタリマエのことなんだが愛する人と暮して好きな仕事をしてりゃ、問題が大きくたってよゆうで乗り越えられるわな。支えてくれる人もいるだろうし。
楽しい仕事、楽しい暮しの範疇の中であればなんでも耐えられちゃうのね。

それどころか、その問題を切り抜けることによりさらに人間的に成長しちゃったりして。成長しちゃうもんだから試練に感謝しちゃったりして。
もう悪いとこなし。「喰らえ!」と問題をおっかぶせたって、ムダなわけ。最終的には問題も、ものすごい「肥やし」になっちゃうんだから。

ところが、家庭不和でやりたくもねー仕事してる、っていう状況だと、たぶん神も世の中も遠慮して、そいつへ「喰らえ!」という問題はそんなに大きいもので はないはずなのに、そもそも人生がつまんねーヤツはさらに覆いかぶさるように小さい問題がやってきても、耐えられんのよ。仕事だったらやめちゃったり、家 庭だったら離婚しちゃったりさ。


ありきたりな結論なんだけどさ、家庭の雰囲気がいい、ってのと楽しく充実した仕事してるっていう状態は、大事すぎるほど大事なんだよ。どんどんポジティブな連鎖にハマっていくからね。