読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

サラリーマンイコール満員電車に揺られるってわけでもねーだろ

blog.goo.ne.jp

満員電車って空気(雰囲気)悪いし、あの中には反面教師しかいない(不機嫌そうなヤツら)わけだから、1秒でも長くあそこにいるべきではない。あの場で、自分自身をポジティブに保つのは非常に難しい。オレもムリ。

でね、若いヤツらが、短絡的に「だからサラリーマンにはなりたくない」っていう方向にいくのも、まぁわからんでもないんだけどさあ。サラリーマンイコール、「満員電車長時間」ってわけでもなかろうに。

サラリーマンになりたくねーってのがただの逃げだってことに気づいてないから。

大学とか出てさ、まずはリーマンになって揉まれてみるってのは大事なことだと思うぜ。将来独立するにせよ。

ホンキで満員電車イヤなんだったら田舎で就職すりゃいいじゃん。自分にゆかりのない地方でもいいじゃん。東京に本社がある会社に就職して最初っから地方に飛ばしてもらえばいいじゃん。
1年めから自家用車通勤でいいじゃん。

あ、そうだ。別に田舎にいかなくとも会社近くの寮に入りゃいいんだよ。そしたら電車に乗る時間少ないから。

というわけで、いろいろ抜け道はあるんだから、とりあえず働きたくねえからっていろいろ言い訳見つけてくんじゃねーっつの。

オレは、ムカシは確かに、満員電車がイヤで逆に都心に逃げた感じだったけど今は違うからねえ。トータルで考えてもっとも生産性高く働けるから都心にいるんだよ。
たとえば高い家賃は生産性高く働くための必要経費だったりするわけ。高い経費を払って生産性高く仕事して高いカネをもらう(もらおうとする)っていう循環をつくろうとしてるわけだから、今のところ、じいさんになるまでは環境をケチるわけにはいかねんだよ。