読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

エンジニアとオサレ(14) いったんまとめ的な(第1部終了?)

2014年02月 人間学 成功法則・カネ持ちになるには

ameblo.jp

そもそも、なるべくお金をかけずに、札束なしでモテるようになるにはどうすればいいかといえば、「言うは易し」ですが人間を磨けばいいわけです。「ひとかどの人間」になるということです。人間が磨かれると外見に顕れてきます。具体的にいうと「オサレ」になってきます。

言い方を変えると、人間が磨かれている人はどんな外見でもオサレに見えてしまうので、ずるいっちゃずるいんですが……。

私は一生そうはなれないかもしれませんので、自分の経験から書けないのが残念ですが。周りの「良いオーラ」を出している人たちを見ていて感じるのは、人間を磨くために、お金をかけるアプローチもありますし、かけないアプローチもあるということです。

「かけない」といってもゼロではありませんが。お金をかけるアプローチというのはそれこそべらぼーにかかりそうです。よく言われるところの、「大金持ちになってはじめてみえる景色がある」というやつですね。

人それぞれ、収入に応じて人間を磨くやり方があります。という意味では機会平等(の結果不平等)です。例えば、明るく楽しい貧乏暮らしをして清貧に徹すればそれはそれで人間は磨かれていくことでしょう。

「ふつー」の暮らしがいちばんキビしいかもしれませんね。何も磨かれませんので……。という意味では、難しい時代かもしれません。



人間が磨かれると「さっぱり」してくるんですよね。性格も、外見も、人当たりも。「さっぱり」というキーワードと、私が今まで書いてきた「清潔感」というのはほとんど同じことです。

で、似たようなロジックで何度も書いていますが、「人間を磨く」といっても抽象的ですしハードルが高いので、まず清潔感漂う人間になってしまおうよ、ということです。清潔感漂う人間にまずなることが、人間的に磨かれるための実は近道だったりします。

ま、やってみる価値はあります。