読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

「そのためには、いろんなことを犠牲にして構わない」

2014年01月 成功法則・カネ持ちになるには

blog.goo.ne.jp

自由になるとはカネ持ちになることじゃない。これは間違いない。
なぜなら、カネ持ちはオレがながめている限り、ゼッタイに自由ではないから。

まずは税金の面で自由じゃないし、この国では人の目も(カネ持ちに対して)厳しいし。

ま、政治家やタレントになるのと似てるかな。つまり自分の支配欲なり○○欲なりを満たすために、カネ持ちになるんだよ。
そのためには、いろんなことを犠牲にして構わないという。。それぐらいの強い気持ちでもって。

で、その「いろんなこと」の中で最たるものが「自由」なわけで。
で、オレは自由になりたいわけ。圧倒的に。カネ持ちじゃなくて。


ところで!自由になるためにはカネは必要!
でもカネ持ちになってはいけない!

つーことで具体的には、1500万前後/年 ぐらいの収入は必要じゃないか?

おっと、今ツッコミが入りそうな気がしたけど(笑
年収1500万って、この国および先進国ではぜんっぜん「カネ持ち」じゃないから!!

「小金持ち」?「プチカネ持ち」?レベル?


いちばん重要なのはね、年収1500~2000万未満までに、「とどめとけ」ってこと。
イケイケのときもね。

そこを抑止できるかどうかで、その人の「器」?というかね、人間としてのレベルというか、そういうのが試される。

イケイケのときに、その年収は余裕で突破してゆくんだろうけど、そこから名が知れることになって、自由が失われていくことを如実に感じてゆく。


で、その年収の範囲内で、「周り」つまり家族、親戚、近しい知人にバンバン奉仕していったら、自然、自分の生活は「それなりに」質素になっていくからさ。

でもホントの清貧じゃダメだよ。中流階級のサラリーマンの小遣いレベルでもダメだよ。たとえば身だしなみとかにそれなりにカネつかって、周りからは「ああ、あのひとは『ナリ』がいいな」と思われていなければならない。

それなりの年収をもっていることを見せつけてもいけないし隠してもいけない。難しいね。。