読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

本当の健康法とは(9) 「ベンさん」リターンズ

ameblo.jp

1
『催し』たらすぐにトイレにいきましょう!(大も小も)
2
自分が望むときにトイレにも立てないような職場環境で、かなりの長期間、先の見えない仕事をしているのであれば、即身の振り方を考えましょう。転職とか、異動願とか。人間としての尊厳の問題です。一度は闘いましょう!
3
健康な人のベンさんはクサくない、クサい方が実は異常である、という考え方にシフトすること!そしてクサさをなくすためにどうするか、を考えて実践してゆくうちに健康になれる。
4
催してすぐトイレ(「大」の方)に行かない(あるいは行けない)と慢性便秘気味になりますが、不思議なことに家(あるいは部屋、自席)の「便秘状態」と密接に関連します!まず部屋を片付けてみるのも一考。

◆補足

1はすぐ始められます。
2は、該当する方はいちどマジメに考えてみることをおすすめいたします。そして、来年は闘ってみてください。あるいは、組織や会社に対して闘う「そぶりをみせる」でもかまいません。
3は、ホントです(笑)。「ベンさん」はクサいのが当然という考えに凝り固まっていないでしょうか?とりあえず全食事のうち、加工商品と肉の比率を減らしてみてください。間違いなく臭いが軽減されます(「ガス」のほうも)。家族がいらっしゃる方は特に!家族の反応も変わってきますよ。
4は、この連載で、いくつか例をあげているロジックです。

偽科学主義を信奉している方(4.を読んで「んなわけあるかい」と即考えた方が該当します)が、こういった直接的でない手法(便秘を治すために部屋を片付けるとあら不思議、治っちゃう、みたいな)を実践し、自分で感じてみて、納得していただけるといいなあ、と願っています。なぜなら、人間として視野が広まるからです。視野を広げるというのは、ビジネスマンが飛躍するために必ずやらなければならないことです。


◆おわりに

「素直である(いる)」を実践してみていただければと思います。

取りあえずお金もかかりませんし、始めて、数カ月続けていただければ幸いです(ちなみに、続けなければほぼ、意味はありません)。

科学的根拠がない(あるいは、その根拠に対して納得感がない)から始めない(何もしない)というスタンスの方をたくさん知っていますが(特にこのIT業界で!)そういう方はかなり人生、損しているなあ、と感じます。そしてそういう方々は間違いなく、自分の人生に対して満足していないのですが、その大きな要因がここあることに気づいていない(気づこうとしない)。

何も始めないのですから、時間は捻出できるはずなのですが、そういう方に限ってスマホやPCにかじりついて、SNSや某ポータルのニュースヘッドラインで時間をムダに使っています。そして「時間がない」とぼやく……。

カンタンなことです。まずやってみる(走り出してみる)ことです。走りながら考える。