読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

知らなくともよいこと

2014年01月 テレビ・マスコミ批判 メディアリテラシー

ameblo.jp

たとえばね、田舎町で誰かが行方不明になって変死体で発見された、とかいう事件があったとして、そういうニュースは少なくともオレの耳には入ってこない。
耳をふさいでるわけじゃないんだよ。入ってこないだけで。

それって、いいの?って。
オレが考えたいのは、事件の規模のハナシ。数万人死んだ事件(あるいは事故)は「耳をふさぐな、ヴォケが!!」で、一人が変死体で発見された事件は風化していいの?

いや、書いていて違うような気がしてきた。。
つまりは「スキャンダラスさ」なんだよ。スキャンダラスな事件だったら、ヒトが死んでなくとも週刊誌があることないこと書くから、結果的にオレの耳にも入ってくることがある。

その事件がスキャンダラスか否かで、風化させてよい/わるいを決めていいのか?って。そういうこと。オレの小さな疑問は。
(大勢の人間が死ぬってことはそれだけでスキャンダラスである)

そうじゃなくって、オレたち庶民は、スキャンダラスさや事件の規模ではなくて、どんだけ自分にとって「身近か否か」で風化させてよい/わるいを決めていいんじゃねえのか?ということを言いたいの。

だからはっきりいってしまえば関西に住んでる人間は東日本大震災の記憶を風化させても別にいい。だって直接的にはぜんぜん関係ないもん。
あ、悪い例出しちゃった。。この例でいうと、関西のヒトは阪神淡路大震災の復興を関東にガン無視されたっていう苦い記憶があるから、あれは一種の「報復」だよな。
だからこの件は、難しすぎる。

オレ個人は、バリバリ福島出身なので、大震災、原発放射能問題はむっちゃ「身近」だから。ちなみに。親が福島に住んでるからな。耳をふさいでるわけはない。こうして、多角的に(?)いろいろ考え続けている。


最初に蹂躙のことを書いたけどさ、オレらってどんだけマスコミに踊らされてるかって、オレら自身わかってんのかな?

アイツらがあらかじめ取捨選択したニュースを、オレたちは、口を開けさせられたまんま、流し込まれ。
それが「蹂躙」という行為そのものである。

もっと言葉を選べばそれは「レイプ」に近い。そしてあろうことか、庶民はその行為に対して快感すら感じているのだ。だからタチが悪いんだ、この問題は。

でもオレは、快感などゼッタイに、死ぬまで感じないし。そういう人間は少しはいる。