読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

ハイブリッド現代人

2012年12月 超健康論

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com

ちょっとケミカルなものを食べただけでハラを壊したり。。
外で食べたら気分が悪くなったり。。

有機の野菜しか食べられな~い なんてな。そんなん生きにくくてしょーがない。そんなん楽しいか?

オレたちの胃腸は、戦後にあわせて進化してきた。強靭になってきた。
それがハイブリッド現代人ってもんだ。

日本古来の、コメと味噌汁、なんてな。そんな和の食生活も憧れるし、それが日本人にいちばんあっているのかもしれないけれど。。

それにこだわりすぎるのは、おかしい。
戦後の日本人、特にオレたちより下の世代は、体型が如実に変わった。はっきりいってしまうと、欧米化した。

と、いうことは、胃腸も欧米化しているのだ。
欧米化してるっつっても人種が違うんだから、完全に同化はしない。
それも、日本人の得意ワザである、外来文化のいいとこどりってやつでね。

そして、栄養の吸収、消化の観点でも、日本の食事じゃなきゃ拒否する! なんて、ヤワな胃腸じゃねえんだよ、オレらは。
ワールドワイド、グローバリズムをいちはやく実現しているのだ。

オレら日本人の胃腸は、世界中の食べ物、料理法が集まるから、世界一進んでるんだ。

胃腸が世界一進んでいる、っていう自覚があるから、「21世紀は日本がリーダシップをとる」っていう言説が成り立つんだよ。


そして、話ちょっと違うけど。。
戦後にね、日本の平均寿命は飛躍的に伸びているわけで。

それは、欧米の栄養素、食品が入ってきたからでしょ。
それを認めたがらないヤツが多すぎる。

あとは、欧米の医療技術を導入した結果としての医療の進歩。
死なさずに、生かしているっていう批判があるんだけど、果たしてホントにそうか?


戦後、一番トクしたっていうか、おいしいものをたくさん食べれてかつ栄養価高く、健康に、豊かに生きてきた人間ってのは、うま~く欧米を取り入れてきた人間。

固くなに戦前をひきずってきたヤツは早死してるはずだ、