読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

確固たるもの(電車での読書を10年)

ameblo.jp

確固たるものを確立して自分の自信にする、そういうのを増やす、というのは間接的な健康法。
なぜなら、そういうのが確立されていないと周りに振り回されまくってストレスがたまるから。

その確固たるものというのは、はっきりいって自己満でいいのです。
僕の場合、たとえば、電車の中では本を読む、っていうのをもう20年近く続けている。

それだけ。たったそれだけ。

まあそれだけじゃないけど。他にもたくさんあるけど。

でもそれが、微々たる積み重ね*230(日/年間)*20(年)が、どんだけの差異になるか。
このオソロしさをわかっているヤツが少ない。

もう一度書くけど、この差異は「オソロしい」ことなんだよ。

手前味噌だけど、電車ん中でケータイやスマホをいじらなかったこと(そう、10年ぐらい前はガラケーだった!)により、どんだけ同世代のヤツらとオレとで差が「ついてしまった」かって、差をつけられたヤツらは全く意識してないだろ? それが、オソロしいっていうの。