読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

ボクだって知ってるし、実現できる成功の法則(笑

 

blog.goo.ne.jp

運がよくなりたいんだったら、アイツは運のいいヤツだと思われれば自然にそうなる。

つまり、運の悪そうな経験なり、ふるまいなりはできるかぎり外部から「隠してしまう」ということ。自分の無力さ、バカさ加減を周りにひけらかさない。「見られてる」という意識は大事だ。

言い方を変えると、ツキというのは人が見ていないところでためてゆくんだ。ツキがたまる局面っていうのは、ズバリ「あまりよくないことが起こったとき」なんだよ。
だからね、ホントに誰もみてないときであればひとりムカついたり、壁を蹴ったり、やけ酒飲んで「上司死ね!」と悪態ついたり。。
ホントに誰も見ていないのであれば、それもいい。
ただし!ネットに吐き出すのはダメだよ。あれは不特定多数の人間がみてるから。ネットに毒を吐いてるヤツはまだ何かしらの弱いところをもっているし、隠してないから、そんな状況ではゼッタイに運は上向かない。


なーんかうらやましいな、っていうかね、成功しているようにみえる人は、必ず、ゼッタイ、人知れず何かを隠している。たとえばしょっちゅう道端でウ●コを踏んでるとか(笑

ありがちな、凡人にもわかりやすいたとえでいえば、トップアスリートはファンが見てないところで極限まで身体を追い込んでるよね。で、ファンの前ではすました顔してる。そういうこと。

成功してる人、トップアスリートは、自分の弱みをSNSには吐露しないだろ~さすがに。

凡人にできることは、たとえばウ●コ踏んじゃったら「あ、これで明日はいいことあるかも!」と即座に思えることだ。
で、ホントに翌日に「表舞台」でいいことがあったならば、ありがたいと常に感謝できること。つまり、ウ●コの件も翌日のいいことも、でっかくいえば人生そのもの含めまるっと、「全体」に感謝できること。
それぐらいなら凡人でもできるだろ。


ひとつだけ確実なことは、他力ではゼッタイに運は上向きにならない! これが「法則」かな。宝くじを買うという行為を「積極的である」と自己満して当たらないことを文句いってるヤツはゼッタイに運は上向かない。
宝くじに任せることが「他力」だということに気付かない限り変わらないから。