読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

続ける気なんかないのさ2

2013年07月 超健康論 超健康論(生活習慣論)

ameblo.jp

あのね、健康的にダイエットする方法なんて、わかりきってんだよ。凡人がそこから目を背けてるだけであって。

いやちがうな、マスコミがうま~く正論から目をそむけるよう凡人を誘導しているのかもしれんな。それにしても凡人どもは不甲斐ない。。同じ凡人のオレでさえも「目覚めろよ!」っていいたくなるもんな。

さて。。書いてもムダなのはわかっているが、書く。なぜなら、書きたい衝動をおさえられないから。

まず、基礎代謝量を上げることだよ。

次に、基礎代謝量+アルファのところを、確保すること。基礎代謝は人間本来の営みの部分だから、コントロールが難しい。限界がある。だから、「アルファのところ」を確保しなければならないんだよ。

いわば、たとえれば、国民年金に対する国民年金基金みたいなもんかな(笑

基礎代謝を上げるのは、「考える」こと。なぜなら、考えれば行動につながるから。この連関、わかりますか?

逆にいうと考えなければ怠惰になってゆき行動してゆかなくなる。これは、わかるでしょ、なんとなく。

「考える」だけでいいんだぜ。簡単だろ? 理屈は。「考え続ける」人生ってホント大変だけどな。。

基礎代謝「+アルファのところ」を増やすのが、いわゆる「生活習慣」(良質な)。
ジョギングしろとかスポーツしろとか、ピンポイントでいってるわけじゃないの。いや、包括的にスポーツも含まれるっちゃ含まれるんだけどね。

+アルファのところを増やすためには、はっきりいって「良質な生活習慣であればなんでもいい」ってことなんだよ。

ま、いろいろあるよね。。朝、空気のおいしいところを散歩するとか、体操するとか。たとえば、外食でなく料理をつくるとか。そのために毎日近所に買い物にいくとか。。

枚挙にいとまはないのだが、この世の中で、良質な生活習慣の例なんてすでに出揃ってる。そして我々日本人はうっすら、何をしていいのかも知っている。そこから目を背けんな!ってことなんだよ。真新しいアクロバティックな生活習慣なんて、ねえよ。はっきりいって。

一見、スポーツ的な、身体を動かす的ではない生活習慣であっても、それが結果的には+アルファのところにつながってゆく。必ず。