読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

まあ黙ってろ、と

blog.goo.ne.jp

オトナになってからも勉強を続けるに越したことはないんだけど。
すごーくクギをさしておきたいのはね。

ちっと勉強したからって勉強してない人間を見下せるかっていうとそうではないよ。

世の中には一生懸命働いてる人がたくさんいるわけよ。
一生懸命働いているがゆえに、時間がないわな。働いて、寝て、飯くって、酒飲んで、の繰り返しの人生。
勉強より前に、ストレス解消だわな。(酒というのはストレス解消のたとえ)

そもそもそういうヒトたちをデフォルトで見下すことなぞできないだろ。
だって税金払ってんだし(たぶん)。

生半可な仕事しかしてねーヤツが、時間がちょっと空くからってちょっと何かをかじって、有頂天になって調子コイて世の中を見下す。。特に労働者を。
学生ならまだしも。

つまり「ハンパなヤツ」ってこと。仕事も勉強も中途半端なヤツが一生懸命仕事してるヤツを見下せるわけないだろ。

いやオレのいいたいことは簡単で、ただ「だまってろ」ってこと。どうせ死ぬまで仕事も勉強もハンパなままなんだから、ハンパを自覚しつつ世の中に対して謙虚でいろよ、ってこと。

世の中を見下すために勉強してるようなヤツは、勉強してるっつーか「情報を脳に入れてる」にすぎない。
そういうヤツは、一生懸命働いてる労働者よりも「劣る」。間違いなく。