読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

地震は東京にこなかった

ameblo.jp

震災前。。
東北人は東京に対して、深い羨望と嫉妬を、持っていたよ。

でね、オレの感覚では、関東大震災クラスの東海地震は、東京を直撃するもんだと思ってたわけだ。東北の人間は。(オレは福島出身です)

東北の人間はそれで溜飲を下げたかったわけ。東京が難民化すれば、ぎゅうぎゅう列車で東北にやってきて、懇願して野菜をめぐんでもらったりするわけだ。
反物(古!)と交換したりしてな。

そういうクライシスがなきゃ、東京側が東北にアタマ下げるなんてことは、ゼッタイないわけ。

でも、農業水産業とかで、この国は東北に、ベースの部分で頼っている。それはもう、ずーーっと前から。

でも、「位」が下なのね。だってさ、清掃工場で働いてる人とか品川の食肉市場で働いている人たちとかが、リアルに東京人を支えているはずなのに、彼らの地位向上はゼッタイにのぞめないでしょ。

オレらはそういう人たちに感謝することを忘れている。これからもないだろう。
清掃工場がデモしたりロックアウトしたら、オレたちはアタマ下げるか? っつったらゼッタイないね。懐柔して、鎮圧した後に弾圧すると思うぜ。首謀者は殺されるんじゃないの。隠密に。
という意味ではこの国はホント、うまくできている。怖いぐらいに。


で、東北人は、関東大震災東京大空襲の次、東海地震で東京なんて崩壊しちまえ、と潜在意識の中で思っていたのだが! 世界最大規模の地震は東北にきた。。
1000年に一度の大災害が。

泣きっ面に蜂、どころの騒ぎではない。
それはなぜか? なんて、わからない。意味なんかないのかもしれん。でも、直接の被災地は東北だとしても、日本国全体につきつけられた問題だ、というのは、間違いないのだろうと思うよ。