元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

なむあみだぶつ

なむあみだぶつ

* 妙好人 浅原才市

鈴木 大拙が 晩年、評価していた無名の「妙好人 浅原才市」の「わたしがほとけで ほとけがわたしで なむだみだぶつ」という「入り込み方」(これは「考え」のレベル を超えているのであえて「考え方」という表現はしませんが)が、かすかにではありますが最近、わかるような気がしています。(僭越ながら、で すが)

詳しい文面は忘れてしまいましたので、もっと違っていたと思いますが、現代社会においてこのような「宗教思想」がなぜ評価できるかという と、

・それは、「私は神であり」という「上から目線」ではない。

・それは、「私は仏様になってしまった」という「(現世で)もう世捨て人になっている」という感覚でもない。

・新興宗教家、葬式坊主にはゼッタイこのゾーンには到達できない。

という理由からです。

大拙のコトバを借りれ ばこれが「横超」なのかとも思います。

同じく無名の、市井の、「毛坊主志願」にとっては、地方の、来る日も来る日も畑を耕し、「なむあみだぶつ」と同化して生きていた先達に共感 せざるを得ません。