元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

2016年06月

子供に機嫌で怒って何が悪いのかっていう話

ameblo.jp 前にも書いたと思うけどボクは家で、機嫌で怒ることに決めてるのね。 あ、ちなみに、基本的には怒らないけどね。家ってビジネス・シーンと違って不機嫌の種がそんなに落ちてないから。 子供は生意気だけど、母親(家内)に怒られてるとき以外はだ…

万能感の消滅

ameblo.jp 万能感がね、最初一瞬だけあって、でだんだんとなくなっていったってのは、自分の人生にとってはよかったかもね。 図工はダメダメだったし、作曲はまったくできなかったし(ピアノを上手に弾くのはかなりできた)、スポーツはごくごくふつーだった…

「ビジネスマン」たろう

blog.goo.ne.jp 落ちこぼれエンジニアだったからってのもあるんだけど、相当早くから、「ビジネスマン」たろうとしていた。 まずは形から(笑)。服装、みだしなみに関してはけっこう、いや相当気にしていた。 まわりがヒドかったから(笑) それもスキルの…

つかつ、はなれつ、というのはスキルだ。

ameblo.jp 私はガキの頃から、ほっとんど他人に興味がなくw ぶっちゃけ家族や親類にもそれほど興味がなくw 自分の内面にのみフォーカスをあてていたような気がする。でも内向的ってわけでもない。そういうヤツってけっこう外部とのバランスとれてるし、ク…

朝の行

ameblo.jp 自分の「陰徳」なもんで子供も、へたすれば家内すらも、自分の朝の行、すなわち掃除のことを知らない。 なんとなくわかるように仕向けたりもしない。 うちの子は家がいろいろきれいなのがデフォルトと思っている。 ま、それでいいんじゃないの、と…