元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

幸福(豊かさ)論

子供にはアリのように働く姿みせちゃいけないんだろうな

blog.goo.ne.jp 2016いつの頃からか忘れたけど。親、特に父親が子供に背中を見せるって話で、アリのように働く姿みせちゃいけないんだろうな、と。方向転換したんだよね。人生楽勝だぜ?っていう「背中」をみせないといかんなあと。だって自分の子がアリ…

学歴与えてお祈りしてるだけか?

ameblo.jp2016 てかさ!書いてて思い出したけど、俺の同世代とか下の世代で未だに教育投資についてかければかけるほどリターンが大きいと思ってる人が多数なんだけど。。大丈夫か? 上場企業に勤めて郊外に庭付き一戸建て建てればアガリ、ぐらい昭和的なんだ…

とにかく並びたくない!

ameblo.jp 2016 とにかく並びたくない!でも質の高いサービスはゲットしたい!貪欲に。たとえばうまいもん食べたいんだったら、11:25から人気の店に並ぶ。夜なら予約。コンビニではなくスーパーで良質な買い物したい。でも夕方レジに並びたくないから、早く…

「質の高いリア充」

ameblo.jp 2016 俺はSNSで流れてくるひとたちの生活よりも自分のほうが「質の高いリア充」だっていう確信があるからなんとも思わないだけで、たとえばFacebookであんだけアカの他人の飯食っただのうまい酒飲んだだの遠出しただのそういうハレの情報ばっ…

で楽しいことを仕事にする、とか微妙に反対派

blog.goo.ne.jp 2016 仕事と家でのふるまいって密接につながっているってのが俺の信念。ひとつの例でいうと、俺は家で排水掃除担当なわけで、それはやらされてるわけじゃなくて自然とそうなってんだけども、家でもっとも汚いところを掃除していると、ビジネ…

メイド理論を論破したい。

ameblo.jp 自分の、そして家の生産性を上げるためにメイドを雇いなさい、っていう理論を論破したいんだよなー 時間をカネで買いなさいってのは賛成なのになぜ俺はメイドに拒否反応起こすんだろうか? あまりにも欧米っぽいからかな。 確かにね、家事労働を外…

成功とは小金持ちになること。

blog.goo.ne.jp2016あのね庶民の成功って簡単にいえば小金持ちになることなのね。この時点での異論は受け付けないw小金持ちになるには絶対にやらなきゃいけないのは浪費体質から脱却することなんだよ。家族で。あわよくばここを避けて通ろうとする、俺アタ…

アンタら、けっこう俺らに説教たれてたようだけど、アンタらの人生そんなによかったん?

blog.goo.ne.jp 大学で、東京出てきて。。(キャンパスはけっこう田舎) まぁ3年、ハンパにアソんで。。というか、自分はアソんだぞ!と自分に言い聞かせて。。 でハンパに就活して(ごめん、本人にとっては死活問題かもしれんが、オトナからみるとどの就活…

金に困ってないとかそういう次元のちょっと上

blog.goo.ne.jp2016あのねみんな気付いてないのかもしれないけどこれからの時代全力で模倣すべき「存在」はね、たとえば親の遺産で食っていける人たちとか親が成功者で超ポジティブに親のすねかじってるむっちゃいい人とか、そのあたりなんだよ?しかもかつ…

親が威厳をもつ努力を

ameblo.jp New子育て世代へ。。 どうせだれも覚えてないからさ、何年後かわからないけど後になって「ざまあみやがれ 俺はいったからな!」ってことになるんだけど。 家庭において、最終的に父親の言うことは絶対。っていうルールにしておくことで初めて「父…

我々は働くために食べるわけ。

blog.goo.ne.jp 我々は働くために食べるわけ。食っていくために働くんじゃないんだよ。これ、大事すぎるぐらい大事。 身体に投入する「ガソリン」は働いて世の中とかに貢献するためのものだよねえ? この意識に脳が支配されてりゃ結果的に食うには困らんよ。…

自分が幸せになり、また、周りをささやかに幸せにする。(というか)

ameblo.jp 自分が幸せになり、また、周りをささやかに幸せにする。 。。つかそんな押しつけがましい話じゃなくてね。 自分の存在により周りが「幸せになる」のが理想として、順番としてはまず ・周りを幸せにする のが先だってことはそろそろわかってきたろ…

過去も、そして未来も塗り替えりゃいいんだよって話。

ameblo.jp 俺の持論なんだけど(おそらくいろんな方からの少しずつの受け売りなんだけど) 過去も、そして未来も塗り替えりゃいいんだよって話。 なーんかいやな感じの過去の想い出ってみんなあるけど、「あれは必然だった」とかさ。 「結果的には貴重な体験…

みんな大好き多様化じゃね

ameblo.jp 2016 あのねなんで昔っから批判的な論調が多いのかわからんのだが都心って私立受験する子多いじゃん。いろんな学校に散るじゃん。それってみんな大好きな多様化じゃねえの。全員が近所の中学校に、行政の命令で同一学区に縛られて進学することがお…

リアクティブモード論

ameblo.jp たくさんの人が。。 人生ってのは実はリアクティブモードで生きたほうがうまくいくのだ、ということに、気づきはじめている。 インスピレーションのままに。 なのだが、そういう人生を送れる人間は限られている。 つまり、気づいた人イコールリア…

もうホントもろもろ。ごった煮(苦笑)

blog.goo.ne.jp エンジニアライフのボツ原稿?というわけでもないけどラフスケッチの状態のまま放置され、ところどころ虫食いで採用。 ◆ 真夜中に、セブンイレブンに売ってるなんとかというお菓子を無性に食べたくなったら、ただ行き、そして買うだけです。 …

真論「世の中カネじゃない」

blog.goo.ne.jp 給料は銀行払い込みでしょ。つまり現ナマじゃなくてただの残高、つまり「数値」にすぎないわけ。だってさ、そっからローンだの家賃光熱費だのクレジット支払だの税金年金保険。。。25日給料日だとして27日、31日、そして翌1日にはハイエナの…

またシャインフェルドの話

ameblo.jp またシャインフェルドの話になってしまうのだが、 彼の「プロセス」理論を日本的に表現すると、自分が経験する苦しみ、悲しみ、不快感はすべて「受け止める」ということだよ。 これは、かなりキツいね。。 「がっぷり四つ」だよ。 「そこ」に存す…

サード・プレイス(シリーズのその5)

ameblo.jp 具体的に「無」や「無心」の話にいく前に、いろんなアプローチがあると思っていまして。 まずですね... 「サードプレイス」っていう言葉が、以前、私の周りでけっこう流行っていたのです。今でも巷では流行っているのかもしれませんが。 スターバ…

1日の25時間化

blog.goo.ne.jp 「スマホだらだら見時代」だからこそ、意識的な時間の捻出、1日の「25時間化」は絶対に必要になってくる。これは、スキルだよ。 案件と一緒で、日常の雑事をパラレルに進めるのは、あたりまえ。ただし!ホントにパラで進めちゃうんじゃないよ…

最初のいーっぽ、じゃなくて一手

blog.goo.ne.jp 重要なのは「最初の一手」なんです。 「ごろっと」「『人生』とやら」を転がしてみること。 これこそが「小損」に他ならない。だって、けっこうめんどいですからねえ。 「文句言いながらも現状維持」は、ラクです。でもね、「ぬるい」。とい…

(まだいるの?)自分探しとやらを続ける人間

ameblo.jp 自分さがしをし続ける人間、に対して昔はカンゼン否定していたけど今はそうでもない。まあ同情はするよ、と。 自分さがしをする理由はたぶん「不安」からくるものだよね。それと、本人は気づいてないらしいが「プライド」。自分はこんなもんじゃな…

「ありのままに感じる」ことの大事さ

ameblo.jp 俺の人生におけるさまざまな体験や、読書や、その他etcから、導き出された?つーか、 カンタンにいうと「ありのままに感じる」ってのがどんなにか大事かってこと。 でもよく考えればけっこう昔からそれを知っていたというか実践していたというか。…

「いいとこどり」をしようとする人間は、大成しない。

ameblo.jp いろんな人、概ね、世間的には成功したと思われている人たちの生き方の「いいとこどり」(暗部ではなく)をしようとする人間は、大成しない。それは、断言できる。 そして、俺も同じ。 大成しないけれど、なーんもしない人よりは、ね。。中流な生…

欲しいものはほぼ手に入れた。。?

blog.goo.ne.jp 欲しいものはほぼ手に入れた。99.99%。ほぼ[済] ってゆー気持ちでいることだ。だってそれが事実なんだから。 たとえば空気や水。そこからはじめることだ。いやもっと前からだ。そもそも人間に生まれたじゃん。それで98%。 人間とし…

DQNはまわりを幸せにしますか?

blog.goo.ne.jp 斎藤一人さん(の本)から教わった重要なことはね。。 でDQNが一生わからないであろうことは。 商人は儲けるのが仕事。堂々と儲ける。そしてその手段は。お客さんを喜ばせ、幸せにする。そういう品を売り、そういう接客をし、ああいい買い物…

「新庶民」

ameblo.jp もともと自分で8割方できる、ていう状態でたとえばね、家事代行サービスに頼むとか。そういうのが真のリッチなわけ。 もともとグータラなヤツがなんかしらんがゼニが入ってきちゃって、めんどくせーもんだから身の回りのことぜんぶ「やらす」。こ…

小損を取る」(14) 実践編その4:電車に乗ったとたん小走り(反面教師)

ameblo.jp http://el.jibun.atmarkit.co.jp/infra/2016/04/14-bd0e.html 「小得」をがっつり取りにいく行動のうちもっともわかりやすいのが、まだお年寄りともいえなそうな妙齢の男女が、電車に乗り込んだ途端目の色を変えて一人分だけ空いてるスペースに向…

「中抜け半休」

blog.goo.ne.jp リーマンの人とずーっと20年ぐらい仕事してきたんだが「中抜けしまーす」を理解してもらえないというか。。 ざっくり言うと午後一の会議がないときに朝の会議が終わり、一旦抜けて夕方帰ってくる。勤務時間は午後半休のときと同じ感じ? 夕方…

「小損を取る」(11) 自分の人生を予見しましょう

ameblo.jp 前々回かな?人生8勝7敗(ぐらいがいいのでは)ということについて書きました。「8勝7敗」という表現はどなたかの真似をしただけで、私の場合「52対48」ぐらいで薄氷の勝利、ぐらいになると思いますけども(苦笑)。 ふつーに生きてしまうととんと…