読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

子供がフリーターになったってべつにいーじゃない。

ameblo.jp 労働とは尊いものである、なんて建前を言い続けるんだったら、子供がフリーターになっても許容しなければならない。自活せよと強制してはいけない。自活できないぐらいの給料で一生懸命働いて、尊い仕事をしてる人間はクサるほどいる。自活せよっ…

勉強して、凡人になる。

ameblo.jp 学校の勉強一生懸命やるのはね、それはこの現代社会では「凡人」になるためなんだよ? わかる?平々凡々とした人生を送るために、(学校の)勉強をするんです。そのへん、子供にはよおく言って聞かせたほうがいい。わかってると思うけど、平々凡々…

リミッター

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 「自分は~な人間である」と規定するのは自分に「リミッターをかける」ようなもんで。それだったら、いっそのこと「自分は万能である」って規定したらいいんじゃないのでしょうか。無料なんだし。罰せられることもない。人に迷…

これから大事になっていくのは「ファミリー」

ameblo.jp たぶん先日も書いたと思うんだけど。。あれ書いたかな。このご時世で、早くから子供に「経済的に自立しろよ」ってプレッシャーをかけとくことの是非について、みたいなね。それって思い切りプレッシャーかけてないか? 自由に生きろといいつつ経済…

天才じゃなくてただの早熟

ameblo.jp まちがいなく俺もそうだったしカンチガイ家族だったけどね、小さい頃、極端なほどにものおぼえが早いというのはそれは200%「天才」ではなくてただの「早熟」だから。ものおぼえが早いというのは「スキル」であって、それの発現がひじょうには…

食について(4) 豊かな生活とは?を考える

ameblo.jp 工業食品について、私はもちろん全否定はしていません。前回も書きましたように、我々現代人が生活を営んでゆく上で必須の「嗜好品」だと考えています。 私のような都市に住む人間は、コンビニのない生活に戻るのは非常に困難だと思います。そして…

「経済的自立は大前提」,か?ちょっと考えてみようと

ameblo.jp 重要なことがわかりかけたオレ、ちょっと考えを変えようかな、ぐらいの。同じ世代のね、人たちと話すと、どうしても子育ての話になり。。(その話の展開は、好きなんだが)でね、子供が中学にあがると急に、「経済的自立は大前提」って言うのね。…

よそんちのコドモに好かれるからってイクメンになるかよ。(3)

『よそんちのコドモに好かれるからってイクメンになるかよ。(3)』ameblo.jp だいたい責任感の強くないヤツってのは、いつまでたっても恋人時代とかさ、独身、新婚時代のライフスタイルに拘泥するわけ。そこを理想としちゃうのね。いつまでもいつまでも。だか…

才能論(4)

『才能論(4)』ameblo.jp 子供らの「体格」っていうのも実はほとんど後天的ですよね。(すべてが、とはいいません)親が意識していないのかもしれませんが、「体格が良い」子供の場合は親がその子を体格を良くするために「エリート教育」を施しているわけで…

帝王学賛成

帝王学賛成 - シニアICT土方の【IT公論】blog.goo.ne.jp 世界に伍した政治をしてもらうためには、帝王学で育った人間だけ国政に参加してもらうとか。。とにかく、ちょっと違うヤツらに任せたいんだよ。平等な民主主義教育受けたヤツらじゃもうダメなんじゃ?…

ずしりと重い(?)就職の話

ずしりと重い(?)就職の話 - シニアICT土方の【IT公論】blog.goo.ne.jp ウチの子には、いくら鉄道に詳しくても、Nゲージに詳しくても、JRに就職はできねえぜ、とずーっと言ってきかせてるんだが(笑)。。オイラは一応、世の中的には「システムエンジニア…

子供は子供

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 子供は子供、なんだからさ、子供としてはカンペキなわけ。満点。まぁアタリマエのことだよね。ただ、一個の人間、つまり大人観点だったら未熟に決まってるわなそりゃ。だって子供なんだから!だからオレたちがいわゆる「社会」…

ワークショップ、アート、子育て(ちょっとiPhone)

[再々録]ワークショップ、アート、子育て(ちょっとiPhone) - シニアICT土方の【IT公論】blog.goo.ne.jp ウチの子もそうだけど、ほとんどの人間、コドモはただの凡人なのに、何かひとつは(とびぬけた)才能がある! とかおだてられちゃってさ。。ホントに…

だいたいでいいんだよ

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 子供の頃ってさ、結局親とか学校から「だいたい正しい」ことと「だいたい間違ってる」ことを学ぶみたいなんだよね。それは、その後のその子の人生における判断基準を醸成する上できわめて有益なのは間違いない。そして「ホント…

インテリと「思想」2

龍澤ヒデアキのバックドア インテリと「思想」2tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 我々のおじいさん、おばあさんの世代は、コドモたちに、「せめて教育を」と切に願い、その願いはほぼ実現されてきました。(【重要】自分たちの世代までは!!)先達はなぜ、次の…

相談される父親

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com オレは相談される父親を目指している。。ような気がしてきた!今、そして未来は、うまく楽しんで生きる親がムカシより格段に増え、子供はそれを見て育ち、あんまり反抗もしないのではないだろうか。つまりムカシは親ってのは子…

大学の学部に違和感

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 大学の学部、学科がさ、なんか細分化されてきてるでしょ?情報システムとか(その中でもかなり細分化されている)不動産学部とか、なんとかビジネスとかうんちゃらかんちゃらとかあの流れってぜんぶリセットしてほしいよな。極…

友達と固まる習慣

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 宋文洲日本の社会においては、友達作りをまるで至上命題のように考える人が多いのです。国内外の単身赴任をみても「子供をお友達から離したくな い」という人が多いのです。家族を連れてコロコロ転勤すると「子供達が可哀そう」…

好きなだけじゃ全然だめ

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 子供には好きなことを仕事にしてほしいと思ってるし、実際そのように言い聞かせている。でも、好きなだけじゃ全然だめで、好きでかつ「大・得意」じゃなきゃダメ。ということも子供にいってる。それはなぜか? っていうのは、プ…

子供が小さい頃の経験

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 以前誰かが言ってたんだけど、子供が小さいうちの体験はオトナになって全然おぼえてないから。。(旅行とかいろいろカネかけてもムダでは?)みたいなハナシでね。もちろん、「なんかちがうだろそれ。。」と思ったけどね。口に…

小さくてよかった、と思うことも

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com ウチの子ら、クラスでもかなり小さいほうなんだよね。オレ自身はまあ、背格好はふつうなんだが。家内もそんなに大きいほうではないけど、ふつう。数年前まではやきもきしてたんだけど最近は考え方が変わってね。。小さいっての…

習い事の意味について考える(2)

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 今の親たちってさ、自分(親)がかかわりたくないところは、親の都合で放置プレイしたりするから。アレはズルいよね。「子どもの自主性にまかせる」とかさ、都合のいい言い訳の文句があるからな。えてして、親が見てみぬふりし…

積極的逃避のススメ

ameblo.jp タイトルだけ思い浮かんだからメモしといた。本文は。。逃げることは必ずしも悪いことじゃないんだ。逃げるときはとにかく全力で逃げること。つまりね、「逃げられるぐらい強い人になってほしい」ってことなんだ。特に子供たちにはいいたい。弱い…

武田邦彦先生

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 「理科離れ」が進んでいる。日本は科学技術立国だから250万人ほどの技術者が必要で、少なくなると自動車もパソコンもテレビも公会堂も作れなくなるし、輸出もできずに食料や石油を輸入することもままならない貧乏国になる。だか…

運の良い子に育てる

blog.goo.ne.jp 困ったときに「偶然」誰かに手を差し伸べてもらえるような、そういう人材になるように自分の子を育てるにはどうしたらよいか? を常々考えており、まとまったらいずれ本でも出したいものだ(笑 まとまったら、つーか、結果を出さねーとダメだ…

「時間」を与えるのが教育

tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 生まれてくれてありがとう、大過なく育ってくれてありがとう、っていうキモチは、はっきりいって周りの親御さんたちよりも強いと思うよ。いろいろ子供らにキビしいことは言うが。。でもね、たとえばさ、子供がぼけーっとしてい…

親の義務

ameblo.jp 親が子供を躾て教育するのは、親の義務だ。教育機関(学校、塾、習い事、家庭教師etc)を選んで委ねることまで含め、ってことだ。主導権はこっちになければならない。依存してしまってはダメだろう。責任があるってことだよ。最終責任は学校にはな…

子どもの挨拶

ameblo.jp ウチの子供らはね、外で、過剰に挨拶するよ。特に、外食すると「ごちそーさまでしたー!」とか、コンビニでもおつりもらって「ありがとーございましたー!」とかね。そんなん別に、ウチの躾がいいわけじゃなくてね。挨拶すると、ほめられる「機会…

間引きは殺人だろ

『間引きは殺人だろ』ameblo.jp ムカシムカシ、たった100年ぐらい前の話だよ。日本の田舎では、無計画に子を産み、そして気にくわなければ間引きしてたんだよ。それってただの殺人、いや、「惨殺」だろ。長女は末っ子の子守をおしつけられ。。そのまま学校で…

親の勝手

龍澤ヒデアキのバックドア 親の勝手tatsuzawatokyo.blog.fc2.com 親(世代)が、ゲームを開発、生産、提供し、同じ親(世代)が、コドモに対してゲームはダメだといっているのです。親(世代)が、街中のいたるところにコンビニをつくり、同じ親(世代)が、…

一芸就職

ameblo.jp とある著名な?方の講演会にいって、かなり目ウロコだったのでメモっておく。就職活動をせずとも、大企業から「ぜひきてくれ!」といわれる人材。これは、今のところはやっぱり文系よりも理系、つまりスペシャリストであろう、と。すごくざっくり…

ゆとり教育の解釈

ameblo.jp 学習指導要領に「ゆとり」をもたせるっていうのは総論では正しかったのだと思う。でもな、学習にゆとりが出来た分、その空いたスペースにどんどん子供に「負荷」を与えるべきだったのだ。子供に対して与える負荷を、子供ごとにカスタマイズさせて…

正義を子供に教える

ameblo.jp 子供には、正義を続けていれば必ず、手を差し伸べてくれる人があらわれるよ、と教えたいのね。だってそれは事実だから。子供って「ちょっと悪い子」にどこまでも引きずられていっちゃうでしょ。さぼっちゃおうぜ!みたいなさ。そういうくだらねえ…

これでも、少し不安はある。(子育て)

ameblo.jp さすがに周りが塾に行きだすとね。。少し焦りは、ある。オレは、子育てについては生活習慣形成が最優先と思ってるし、勉強はとにかく国語、読書中心。宿題+ベネッセのみ。あとは、とにかく会話ね。オレだけでなく、オトナと会話させる。公共の場…

「田舎の生活」

『[再録]「田舎の生活」』ameblo.jp そもそもオイラは、中途半端な田舎に育った。大自然でもなく。。「大自然」に入るにはクルマを飛ばさなければならないようなロケーション。キャンプとか、川辺でのバーベキューとか、そういうのがキライだ。だから、コド…

社会性(子育てにおける)

[重要]社会性(子育てにおける) - シニアICT土方の【IT公論】blog.goo.ne.jp 子育てをしていて、男子の立場から思うことは。。 コドモが、社会性を身につけなければならない理由は、オトナになってから、他人、仲間、周りから協力してもらうためだと思うの…

向いていない場所にいることはない

龍澤ヒデアキのバックドア 向いていない場所にいることはないtatsuzawatokyo.blog.fc2.com コドモには(自分の子だけでなく)、月並みですが、キミたちが活躍できるフィールドは、必ずどこかにあるのだ、ということをいいたいのです。僕はそれを、身をもって…

番長タイプと「勉強ができるスポーツマン」タイプを早めに選別して帝王学を授けよ

番長タイプと「勉強ができるスポーツマン」タイプを早めに選別して帝王学を授けよ - シニアICT土方の【IT公論】blog.goo.ne.jp 学年に必ず一人はいた、勉強もできてスポーツもできて人望も厚いヤツ、と、同じく一人はいた番長タイプ。 前者と後者は、お互い…

森信三先生「しつけの三原則」

『[引用]森信三先生「しつけの三原則」』 [引用]森信三先生「しつけの三原則」|(改題)ひとり公論 森信三大先生のお言葉。これを男尊女卑といわれようがなんだろが、オイラは森先生についてゆくぜ。アタリマエのこと、正しいことしかいってねんだから。正し…

藤原和博さん

『[引用]藤原和博さん』 [引用]藤原和博さん|(改題)ひとり公論 どんな試験でも、資格試験でも。この間ね、弁護士試験に受かったやつと話してみて、よく分かったんだけど、弁護士試験に受かるのも、東大の試験に受かるのも、どんな試験に受かるのもそうだと…

「悪いことしたら謝りなさい」

『「悪いことしたら謝りなさい」』 「悪いことしたら謝りなさい」|龍澤ヒデアキのバックドア 日本人は進化を求めてきたわけですよね。工業化社会、インテリジェントビルが立ち並ぶ社会、モータリゼーションが極度に発達した社会。我々がコドモの頃見た、手…

ゲームやテレビが害になるホントウの理由

『[再録]ゲームやテレビが害になるホントウの理由』 [再録]ゲームやテレビが害になるホントウの理由|龍澤ヒデアキのバックドア 私は、他の大多数の親御さんと同様に、コドモにとってゲームや、テレビ、パソコン(ネット)などは害であるという考えを持って…

向いていない場所にいることはない

2012-04-26 - 【ひとり公論】([新庶民]論) 僕は他人にものすごくキラわれることもあるし、ものすごく好かれることもあるようです。僕は、仕事でいろいろな現場を渡り歩いてきましたが、自分がここではものすごく、「足手まとい」なんだろうなあ、と、胃が…

素直に言うことを聞くことの大切さ

2012-04-24 - 【ひとり公論】([新庶民]論) コドモと初めて自転車練習場(指導員付)に行ったのですが、2時間ぐらいでもう自転車に乗れるようになっていました。まず、親としては少し感動。。 感動なんて、久しく味わったことがなかったです。また、たった…

近所の「怒るおっさん」キャラからの脱皮

[再録]近所の「怒るおっさん」キャラからの脱皮|龍澤ヒデアキのバックドア 数年前までは、長男の同級生たちと積極的にコミュニケーションをとっていたように思う。今考えると、われながら、自然体じゃなかった。その、「積極的にコミュニケーションをとろう…

ふたたび教育論のハナシ

ふたたび教育論のハナシ アンタできないねえ。。とレッテルを貼ってしまうのは、実は親なのです。コドモが、ある教科に対して苦手意識をもってしまうのは、ほとんどの場合親のせいです。そしてほとんどの親は気付いていない。。 ムカシは、昨今ほど親は、コ…

「ママさん界」といじめ

「ママさん界」といじめ 最近、いわゆる「ママさん」たちの生々しいウワサ話を耳をダンボにして聞いていて、わかったことがある。 それは、「いじめ包囲網」といったようなもの。。 自分のコドモが通うクラスで、いじめの兆候があったときに、親は相当敏感に…

自由

自由僕の育った時代は、地道にこつこつと、という庶民の生き方が肯定されていて、それに逆らっていた感じ。逆らっていてもバックボーンはそこにあるわけです。 今の子らは、地道にこつこつという人生が揺らいでいるわけですね。そして、「こうあるべきだ」と…