元祖【ひとり公論】

誰かには必ず、ほんの少しだけでも役に立つに違いない、という意味での公論

人間学

小ネタ集w(3)甲子園で優勝するためには?

blog.goo.ne.jp エンジニアライフのボツ原稿?というわけでもないけどラフスケッチの状態のまま放置され、ところどころ虫食いで採用。 -------------------- 実践する人間には「人事を尽くして天命を待つ」というフレーズが、効いてきます。ただ念じているだ…

ランチしようぜ!w

blog.goo.ne.jp 仕事以外のつきあい。。まぁたとえば学生時代の同期とか? なんでもかんでも夜飲みじゃなくって、ランチしようぜ!と。俺は思うんだな。 みんな、昼は空けられないのか? あ、平日ね。なぜ昼ではダメなのだ?なぜアルコール注入がMUSTなのか…

「深いところまでどこまでも潜っていく」

ameblo.jp 2016 河合隼雄先生のね、クライアント(臨床心理士時代の、精神的にかなり重症な患者)と一緒に「深いところまでどこまでも潜っていく」っていうのにオレは決定的に影響を受けたのね。まぁオレはクライアントがいるわけではないけど、家族とか取引…

小損を積み重ね/ダイエット/引き寄せ などなど小ネタ集

blog.goo.ne.jp エンジニアライフのボツ原稿(の残骸たち) ◆ 先ほど、自分が経験した損とこれから経験するであろう得とに因果関係はないと書きました。一方で、世の中には、直接的な因果関係をつくるための「お金」というツールがありますね。 私が今、まさ…

またシャインフェルドの話

ameblo.jp またシャインフェルドの話になってしまうのだが、 彼の「プロセス」理論を日本的に表現すると、自分が経験する苦しみ、悲しみ、不快感はすべて「受け止める」ということだよ。 これは、かなりキツいね。。 「がっぷり四つ」だよ。 「そこ」に存す…

クラーク・ケントにあこがれて

blog.goo.ne.jp もうひとりの自分?ちゅーかね。。 ウラの顔、的な?ふだんは冴えないんだけど夜は。。みたいなね。 憧れた憧れた。それはもう、中学の頃から。 でも、ひとつ言い訳させてもらうと、中学の頃から、表の顔がそんなに冴えないわけでもなかった…

サード・プレイス(シリーズのその5)

ameblo.jp 具体的に「無」や「無心」の話にいく前に、いろんなアプローチがあると思っていまして。 まずですね... 「サードプレイス」っていう言葉が、以前、私の周りでけっこう流行っていたのです。今でも巷では流行っているのかもしれませんが。 スターバ…

1日の25時間化

blog.goo.ne.jp 「スマホだらだら見時代」だからこそ、意識的な時間の捻出、1日の「25時間化」は絶対に必要になってくる。これは、スキルだよ。 案件と一緒で、日常の雑事をパラレルに進めるのは、あたりまえ。ただし!ホントにパラで進めちゃうんじゃないよ…

予定→実践(の繰り返し)

blog.goo.ne.jp 何時に帰る、と奥さんに約束するとかね。まあもちろん約束は守るんだけど。 そういうさ、予定を立てて、それを実践していくことの繰り返しって、大事どころの話じゃないんだよ。 人生を決めていくんだよ。だって人生ってその延長線上にあるじ…

最初のいーっぽ、じゃなくて一手

blog.goo.ne.jp 重要なのは「最初の一手」なんです。 「ごろっと」「『人生』とやら」を転がしてみること。 これこそが「小損」に他ならない。だって、けっこうめんどいですからねえ。 「文句言いながらも現状維持」は、ラクです。でもね、「ぬるい」。とい…

(まだいるの?)自分探しとやらを続ける人間

ameblo.jp 自分さがしをし続ける人間、に対して昔はカンゼン否定していたけど今はそうでもない。まあ同情はするよ、と。 自分さがしをする理由はたぶん「不安」からくるものだよね。それと、本人は気づいてないらしいが「プライド」。自分はこんなもんじゃな…

「ありのままに感じる」ことの大事さ

ameblo.jp 俺の人生におけるさまざまな体験や、読書や、その他etcから、導き出された?つーか、 カンタンにいうと「ありのままに感じる」ってのがどんなにか大事かってこと。 でもよく考えればけっこう昔からそれを知っていたというか実践していたというか。…

人生は全員勝者でも別にかまわないんだよ

ameblo.jp (自分が完ぺきに実践できているわけではないが。。。) まず人生はゲームである、と。これは、強く強く認識していたほうがいい。 ゲームだから、局面局面で勝ち負けは発生する。それは、当然のことで、人生ゲームというやつを面白くするためのス…

「いいとこどり」をしようとする人間は、大成しない。

ameblo.jp いろんな人、概ね、世間的には成功したと思われている人たちの生き方の「いいとこどり」(暗部ではなく)をしようとする人間は、大成しない。それは、断言できる。 そして、俺も同じ。 大成しないけれど、なーんもしない人よりは、ね。。中流な生…

カネ儲けする、ってさ。。

blog.goo.ne.jp マネタイズだの?不労所得がどうのこうのだの、そういうのに血眼になるんじゃなくって。。 そもそも、「その人」に魅力があること、というのが絶対条件だってことに気づかんかねえ? そこを避けて通って、ちまちまと、かつ貪欲に生きるのに精…

the「知」

blog.goo.ne.jp えっとね「知」がね、何年か前から人間の脳みそじゃなくっていわゆる「theインターネット」に集まってるってのは、事実だと思うんだ。 もう人間っておぼえようとしないじゃん。検索すりゃ出てくんだから。脳はある意味「解放」されたよね。 …

欲しいものはほぼ手に入れた。。?

blog.goo.ne.jp 欲しいものはほぼ手に入れた。99.99%。ほぼ[済] ってゆー気持ちでいることだ。だってそれが事実なんだから。 たとえば空気や水。そこからはじめることだ。いやもっと前からだ。そもそも人間に生まれたじゃん。それで98%。 人間とし…

ルーティンワークをしない人間ほど実はmyルーティンをもってる

blog.goo.ne.jp ルーティンワークをしない人間ほど実はmyルーティンをもってる?つーかプライベートはルーティンに埋め尽くされている?だから仕事ではしないのか? たとえば自分の健康を維持するためのmyルーティンってさ、絶対にアウトソースできない…

DQNはまわりを幸せにしますか?

blog.goo.ne.jp 斎藤一人さん(の本)から教わった重要なことはね。。 でDQNが一生わからないであろうことは。 商人は儲けるのが仕事。堂々と儲ける。そしてその手段は。お客さんを喜ばせ、幸せにする。そういう品を売り、そういう接客をし、ああいい買い物…

万能感の消滅

ameblo.jp 万能感がね、最初一瞬だけあって、でだんだんとなくなっていったってのは、自分の人生にとってはよかったかもね。 図工はダメダメだったし、作曲はまったくできなかったし(ピアノを上手に弾くのはかなりできた)、スポーツはごくごくふつーだった…

つかつ、はなれつ、というのはスキルだ。

ameblo.jp 私はガキの頃から、ほっとんど他人に興味がなくw ぶっちゃけ家族や親類にもそれほど興味がなくw 自分の内面にのみフォーカスをあてていたような気がする。でも内向的ってわけでもない。そういうヤツってけっこう外部とのバランスとれてるし、ク…

朝の行

ameblo.jp 自分の「陰徳」なもんで子供も、へたすれば家内すらも、自分の朝の行、すなわち掃除のことを知らない。 なんとなくわかるように仕向けたりもしない。 うちの子は家がいろいろきれいなのがデフォルトと思っている。 ま、それでいいんじゃないの、と…

「新庶民」

ameblo.jp もともと自分で8割方できる、ていう状態でたとえばね、家事代行サービスに頼むとか。そういうのが真のリッチなわけ。 もともとグータラなヤツがなんかしらんがゼニが入ってきちゃって、めんどくせーもんだから身の回りのことぜんぶ「やらす」。こ…

「小損を取る」(11) 自分の人生を予見しましょう

ameblo.jp 前々回かな?人生8勝7敗(ぐらいがいいのでは)ということについて書きました。「8勝7敗」という表現はどなたかの真似をしただけで、私の場合「52対48」ぐらいで薄氷の勝利、ぐらいになると思いますけども(苦笑)。 ふつーに生きてしまうととんと…

「小損を取る」(10) 【続き】実践編その2:ゴミ拾い

ameblo.jp エンジニアライフでホントいいこと書いてるんだけど、黙殺。 引き続き「ゴミ拾い」について書きます。 「ゴミ拾い」はあくまでひとつのたとえでして、アラフォー過ぎたらなんでもいいから、どんなときでも優先度高く行う「善行」をひとつかふたつ…

「知ったこっちゃない」のが正解

ameblo.jp けっこう誰もが人生ってプラマイゼロなんだよ。それがね、超ポジティブに考えるヤツは、プラマイゼロなのに常に絶好調だし、ネガティブに考えるヤツ(イコール、大多数の日本人)にとっては、プラマイゼロとはどうしても思えず、マイナス先行のよ…

自分は若い時分から大器晩成型だと思ってたっていうネタ

ameblo.jp いやあの。。いろんなところで何度も書いているとおりで、自分はたぶん中学?ぐらいから、自分は大器晩成型であると漠然と思っていたのです。 でもなぜ、その若さで、そう確信したのか、まったくわからんのだけど。。まぁ神のおぼしめしだからわか…

人ぎらいがオレの成功要因

ameblo.jp オレは独りの時間を優先的に確保してきたからね。 バブル前後であれば憐みでみられていたよ。オマエ友達いないの? とか予定ないの?とか。 あるわ! 人生のとある時期に集中してさ、映画をがっつり見たり。あるいは本読んだり。山に通ったり。 そ…

「小損を取る」(5) むしろ計画?

ameblo.jp ◆ 例によって結論から。 引き寄せの法則という漠たるものに過剰に期待するのではなく、綿密に計画を立てて、行動して、必要によってはカネや人も動員して、そして「取りにいく」のです。それが21世紀の引き寄せの法則です(嘘)。 何かを引き寄せ…

朝練の俺に朝帰りの酔っぱらいは絶対かなわない。

blog.goo.ne.jp もう数年になるかなあ? 週末の、土か日に、朝6時頃の電車に乗って(とある)練習に行ってるんだけどさ、毎回必ず、100%、朝帰りの酔っ払いがいるわけさ。そいつらの痴態を眺めながら、ああ、オレは間違ってないな、コイツら一生オレにはかな…